NHKニュース|スポーツ 2018年9月17日 (月曜日)

五輪に間に合う? スポーツクライミング世界選手権 日本は低迷

「オリンピックが2年後でよかった」。スポーツクライミング世界選手権が16日に閉幕し、日本代表のある関係者が自分に言い聞かせるようにつぶやきました。今回は、2年後の東京オリンピックで唯一実施される「複合」という種目が世界レベルで初めて行われ、ライバルたちとの力関係を見る試金石となる大会でした。しかし、日本は最も重視したこの「複合」で男女ともにメダルなしという予想外の結果に終わり、現実を突きつけられました。


大坂なおみ ツアー大会へ「安定したプレーできるよう頑張る」

テニスの全米オープン、女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手が全米オープンのあと初めて出場する東京でのツアー大会を前に「過去に決勝まで進んだこともある特別な大会で、安定したプレーができるよう頑張りたい」と意気込みを語りました。


大相撲秋場所9日目 横綱・稀勢の里は白星で7勝目

大相撲秋場所は、東京・両国の国技館で9日目の取組が行われ、16日に2敗目を喫した横綱・稀勢の里は、今場所、初めての大関戦で栃ノ心と対戦し、寄り切りで勝って7勝目を挙げました。


プロ野球 17日の結果 西武 マジック「11」点灯

プロ野球は5試合が行われ、パ・リーグ首位の西武は2位のソフトバンクに8対1で勝ち、優勝へのマジックナンバー「11」が初めて点灯しました。


競泳 池江 国体優勝で夏締めくくる「満足していない」

福井国体の競泳は最終日を迎え、2年後の東京オリンピックで活躍が期待される18歳の池江璃花子選手は、少年女子A50m自由形で優勝し、この夏のシーズンを締めくくりました。


西武 マジック「11」点灯 2位ソフトバンクに3連勝

プロ野球、西武対ソフトバンクは西武が8対1で勝ちました。


J1ヴィッセル神戸 新監督にリージョ氏 スペイン出身

サッカーJ1のヴィッセル神戸は、吉田孝行監督に代わる新監督に、スペインや中南米で豊富な指導歴を持つフアン・マヌエル・リージョ氏が就任すると発表しました。


サッカーJ1ヴィッセル神戸 成績不振で吉田監督が退任へ

サッカー、J1のヴィッセル神戸は成績不振を理由に吉田孝行監督が退任し、林健太郎アシスタントコーチが暫定的に監督を務めると発表しました。


プロ野球ソフトバンクの柳田 頭打撲の特例措置で登録抹消

プロ野球・ソフトバンクで両リーグ打率トップの柳田悠岐選手が、16日の練習中にボールが頭に当たって打撲をした影響で、脳しんとうの特例措置による1軍の出場選手登録抹消となりました。


大リーグ ドジャース 前田 リリーフで1失点

大リーグ、ドジャースの前田健太投手は16日、カーディナルス戦にリリーフで登板し、1回と3分の1イニングを投げて1失点の内容でした。


大坂なおみ 帰国後初めて練習公開 ツアー大会へ順調な調整

テニスの全米オープン女子シングルスで日本選手として初めて四大大会のシングルスを制した大坂なおみ選手が帰国後初めて練習を公開し、力強いサーブや精度の高いストロークを見せました。


エンジェルス 大谷 3打数ノーヒット

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手は、16日、マリナーズ戦に指名打者で先発出場し、3打数ノーヒットでした。


大相撲秋場所 9日目の見どころ

大相撲秋場所は9日目、17日から後半戦です。16日、2敗目を喫した横綱・稀勢の里は、栃ノ心と1年半ぶりの大関戦に臨みます。


スポーツクライミング世界選手権 男子複合で原田が4位

オーストリアのインスブルックで行われたスポーツクライミングの世界選手権、2年後の東京オリンピックの実施種目の男子複合で、原田海選手が4位、楢崎智亜選手が5位、藤井快選手が6位で日本勢はメダル獲得を狙った中で表彰台を逃しました。


サッカードイツ1部リーグ 大迫 2試合連続のゴールならず

サッカードイツ1部リーグ、ブレーメンの大迫勇也選手は16日、ニュルンベルク戦に先発出場しましたが、2試合連続のゴールはなりませんでした。


プロ野球 広島のマジックナンバー4に

プロ野球は6試合が行われ、セ・リーグは首位の広島が2位のヤクルトに4対2で勝ち、優勝へのマジックナンバーを2つ減らして「4」としました。


スポーツクライミング世界選手権 女子複合 野口4位

オーストリアのインスブルックで開かれているスポーツクライミングの世界選手権、2年後の東京オリンピックの実施種目の女子複合で、野口啓代選手が4位、野中生萌選手は5位でした。


新体操世界選手権 団体種目別 日本がフープで銀メダル

ブルガリアで開かれている新体操の世界選手権は16日、団体種目別の決勝が行われ、日本はフープで銀メダルを獲得し、去年の世界選手権に続いてこの種目でメダルを獲得しました。


楽天 松井が史上最年少で100セーブ

プロ野球・楽天の松井裕樹投手が16日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われたロッテとの試合で史上最年少となる22歳10か月での通算100セーブを達成しました。


マラソン男子 ケニアのキプチョゲが世界新 2時間1分39秒

ドイツで16日に行われたベルリンマラソンの男子で、ケニアのエリウド・キプチョゲ選手が2時間1分39秒の世界新記録で優勝しました。日本勢は男子が中村匠吾選手の4位、女子は松田瑞生選手の5位が最高でした。


セーリング 初めての東京五輪テスト大会は

東京オリンピックの初めてのテスト大会を兼ねて開かれたセーリングの「ワールドカップ江の島大会」。選手だけでなく大会を運営する側にとっても2020年の本番に向けて課題を探る貴重な機会となりました。


プロ野球 巨人 長野が背筋痛から1軍復帰

プロ野球・巨人で背中の痛みを訴えて戦列を離れていた長野久義選手が16日、1軍に復帰しました。


大学ラグビー 10年連続の日本一目指す帝京大が好スタート

大学ラグビーで10年連続の日本一を目指す帝京大が、関東大学対抗戦の今シーズン初戦で成蹊大に113対7で快勝し、好スタートを切りました。


サッカーJ1 第26節 レッズがマリノスに勝利

サッカーJ1は、第26節の1試合が行われ、浦和レッズが横浜F・マリノスに2対1で勝ちました。


女子ゴルフ国内ツアー 香妻琴乃が初優勝

女子ゴルフの国内ツアーの大会は、愛知県美浜町で最終ラウンドが行われ、プロ8年目の26歳、香妻琴乃選手がスコアを8つ伸ばし、通算15アンダーでツアー初優勝を果たしました。


国体競泳 池江が大会記録で100m自由形で2連覇

福井国体の競泳は、2日目の競技が行われ、少年女子A100メートル自由形では、18歳の池江璃花子選手が大会新記録のタイムで2連覇を果たしました。


大相撲秋場所8日目 稀勢の里が2敗

大相撲秋場所は、東京・両国の国技館で中日、8日目の取組が行われ、復活を目指す横綱 稀勢の里は、関脇経験のある実力者、玉鷲に押し出しで敗れ、2敗目を喫しました。


ヤクルト ルーキー村上 1軍に初昇格 先発出場へ

プロ野球・ヤクルトのドラフト1位ルーキー、村上宗隆選手がプロ入り後初めて1軍に昇格し、16日夜の広島戦に「6番・サード」で先発出場することになりました。


セーリングW杯 日本勢 470級 男子は岡田・外薗組が初の金

2020年東京オリンピックのテスト大会を兼ねた、セーリングのワールドカップ江の島大会は最終日の16日、風が弱かったため、一部のレースが中止となり、男子470級は、15日までの結果で岡田奎樹選手と外薗潤平選手のペアが初めての金メダルを獲得しました。


バドミントン 女子シングルス 奥原は準優勝

バドミントンの国際大会「ジャパンオープン」は、女子シングルスの決勝が行われ、去年の世界選手権で優勝した奥原希望選手は、リオデジャネイロオリンピックの金メダリスト、スペインのカロリナ・マリン選手にゲームカウント1対2で敗れて準優勝でした。


ラグビーW杯まで1年 五郎丸らスター選手が大会PR

日本で初めて行われるラグビーワールドカップの開幕まで、今月20日で1年になるのを前に、3年前のイングランド大会で日本代表として活躍した五郎丸歩選手らがトークショーを行い、大会をピーアールしました。


大相撲秋場所 けがで休場の旭大星 あすから再出場

大相撲秋場所で、両ひざの半月板損傷で4日目から休場していた北海道出身の平幕・旭大星が、17日の9日目から再出場することになりました。


バドミントン 女子ダブルス 福島・廣田組が初優勝

バドミントンの国際大会「ジャパンオープン」は16日、女子ダブルスの決勝が行われ、世界ランキング1位の福島由紀選手と廣田彩花選手のペアが、中国の世界2位のペアと対戦し、ゲームカウント2対0のストレートで勝って初優勝を果たしました。


エンジェルス 大谷が20号ホームラン 松井氏以来2人目

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が、15日のマリナーズ戦に指名打者として先発出場し、今シーズン20号のホームランを打ちました。大リーグで1シーズンに20本以上のホームランを打った日本選手は、松井秀喜さん以来2人目です。


ソフトバンク 柳田 練習中に打球が頭部直撃 打撲も意識あり

プロ野球・ソフトバンクで、両リーグ打率トップの柳田悠岐選手が、16日の西武との試合前、練習中に相手選手が打った打球が頭に当たりました。柳田選手は病院に搬送され、左側頭部の打撲と診断され、試合の先発メンバーから外れました。


桃田が優勝 バドミントン ジャパンオープン 日本男子で初

バドミントンの国際大会、ジャパンオープンの男子シングルス決勝で、日本のエース、桃田賢斗選手がタイの選手にストレート勝ちし、日本男子選手としてこの大会初優勝を果たしました。


女子ゴルフメジャー最終戦 畑岡11位に順位上げる

女子ゴルフのメジャー最終戦は15日、フランスのエビアンで第3ラウンドが行われ、19歳の畑岡奈紗選手はスコアを3つ伸ばして、首位と7打差の11位に順位を上げました。


世界スポーツクライミング 原田が金 男子ボルダリング

東京オリンピックの追加競技、スポーツクライミングの世界選手権、男子ボルダリングで、初出場で19歳の原田海選手が金メダルを獲得しました。


新体操世界選手権 団体総合で日本は5位

ブルガリアで開かれている新体操の世界選手権は15日、団体総合が行われ、日本は5位で、この種目2年連続のメダル獲得はなりませんでした。


大相撲秋場所8日目の見どころ 稀勢の里は玉鷲と対戦

大相撲秋場所は16日が中日8日目です。連続休場からの復活を目指しここまで1敗の横綱稀勢の里は小結の玉鷲と対戦します。


サッカー独1部リーグ浅野 3試合連続先発も無得点

サッカー、ドイツ1部リーグ、ハノーバーの浅野拓磨選手は15日、ライプチヒ戦に出場しましたが、この日も初ゴールはなりませんでした。


サッカープレミアリーグ武藤 2試合ぶり出場も得点ならず

サッカー、イングランドプレミアリーグ、ニューカッスルの武藤嘉紀選手は15日、アーセナル戦に後半途中から出場しましたが、ゴールを奪うことはできませんでした。


フィギュア宇野 シーズン初戦優勝もジャンプに課題

フィギュアスケート、ピョンチャンオリンピックの銀メダリスト、宇野昌磨選手が15日、今シーズンの初戦として出場したイタリアでの国際大会で後半のフリーに臨み優勝しましたが、ジャンプにミスが相次ぎ、課題の残る結果となりました。


サッカーJ1 15日の結果 首位広島は3試合ぶり敗戦

サッカーJ1は第26節の6試合が行われ、首位のサンフレッチェ広島が3試合ぶりに敗れました。


プロ野球 15日の結果まとめ 西武が連続ホームランで快勝

プロ野球は6試合が行われ、パ・リーグは首位の西武が2位のソフトバンクに11対5で勝ちました。


体操全日本シニア 内村が圧倒的演技 世界選手権へ弾み

体操の内村航平選手が来月の世界選手権への最終調整の場として出場した国内の大会で他の選手を寄せつけない圧倒的な演技を披露し、本番へ弾みをつけました。


ウエイトリフティング 三宅会長のパワハラ疑惑 協会が調査へ

日本ウエイトリフティング協会は、3年前に当時副会長だった三宅義行会長に関してパワーハラスメントの疑いがあるという報告を受けながら適正な調査が行われなかった可能性があるとして、改めて事実関係を確認していくことを決めました。


ゴルフ国内女子ツアー ささきと中国のセキが首位に

女子ゴルフの国内ツアーの大会は愛知県美浜町で第2ラウンドが行われ、ツアー2勝目を狙うささきしょうこ選手と中国のセキ・ユウティン選手の2人が通算10アンダーで首位に立ちました。


サーフィン世界選手権開幕 東京五輪で新競技に 愛知 田原

2年後の東京オリンピックで初めて競技種目に採用されたサーフィンの世界選手権が愛知県田原市で開幕し、開会式で世界各国から集まった選手たちが健闘を誓い合いました。


テニス男子 デビスカップ 日本はワールドグループ残留決める

テニス男子の国別対抗戦デビスカップのワールドグループの入れ替え戦が行われ、日本はボスニア・ヘルツェゴビナに勝って、世界の上位16チームで争うワールドグループ残留を果たしました。


セーリングW杯 吉田・吉岡ペアが2位に浮上

2020年東京オリンピックのテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ江の島大会は5日目のレースが行われ、女子470級で世界ランキング1位の日本の吉田愛選手と吉岡美帆選手のペアが2位に浮上しました。


国体競泳 アジア大会6冠の池江 リレーで5人抜き

福井県敦賀市で15日から国体の競泳が始まりました。ジャカルタアジア大会で6冠に輝いた18歳の池江璃花子選手は、少年女子A400メートルリレーの決勝で、東京都の第3泳者として5人を抜き、チームの2位に貢献しました。


五輪に向けスポーツの魅力体感 「Nスポ!2018」開催

東京オリンピック・パラリンピックに向けてスポーツの魅力を体感してもらおうというイベント「Nスポ!2018」が東京・千代田区で開かれています。


大相撲秋場所7日目 稀勢の里は連敗せず

大相撲秋場所は東京 両国の国技館で7日目の取組が行われ、14日に初黒星を喫した横綱 稀勢の里は、動きのよい平幕の千代の国に苦しみながらも寄り切りで勝って連敗はしませんでした。


大坂なおみ 19日以降に登場 テニス 東レパンパシフィック

テニスの四大大会、全米オープンの女子シングルスで日本選手で初優勝を果たした大坂なおみ選手が出場する東レパンパシフィックオープンの組み合わせ抽選が行われ、大坂選手は初戦となる2回戦で、世界ランキング29位のスロバキアの選手と予選を勝ち上がった選手の勝者と対戦することになりました。


バドミントン 桃田が世界1位破り決勝進出

バドミントンの国際大会「ジャパンオープン」の男子シングルス準決勝で、日本のエース、桃田賢斗選手が世界ランキング1位のデンマークの選手に勝ち決勝進出を決めました。


阪神 北條が登録抹消 ヤクルト戦で左肩をけが

プロ野球、阪神の主力で6年目の北條史也選手が14日夜、甲子園球場で行われたヤクルト戦で左肩をけがしたため、15日、1軍の出場選手登録を抹消されました。


エンジェルス大谷 指名打者で4打数ノーヒット

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が14日のマリナーズ戦に指名打者で出場し、4打数ノーヒットでした。


ロシア アンチドーピング機構の再認定 WADAが審議へ

WADA=世界アンチドーピング機構は、ロシアの組織的なドーピング問題で事実上、活動を停止しているロシアアンチドーピング機構の再認定について、今月20日の理事会で審議すると発表しました。


大相撲 平幕 豊山 あすから再出場

大相撲秋場所で左ひじを痛めて5日目から休場していた新潟市出身の平幕 豊山が16日の中日から再出場することになりました。


ダイヤモンドバックス平野 今季2セーブ目

大リーグ、ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は、14日のアストロズ戦で2つ目のセーブを挙げました。


ヤンキース田中 今季12勝目 6回無失点の好投

大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は14日、ブルージェイズ戦に先発して6回無失点と好投し、今シーズン12勝目を挙げました。


女子ゴルフ メジャー最終戦 畑岡16位に後退

女子ゴルフのメジャー最終戦は14日、フランスのエビアンで第2ラウンドが行われ、19歳の畑岡奈紗選手はスコアを伸ばせず16位に後退しました。


新体操世界選手権 個人総合 皆川夏穂は12位

ブルガリアで開かれている新体操の世界選手権は、14日に個人総合の決勝が行われ、皆川夏穂選手は12位でした。


スポーツクライミング世界選手権 野口啓代が銀メダル

東京オリンピックの追加競技、スポーツクライミングの世界選手権、女子ボルダリングで野口啓代選手が銀メダルを獲得しました。


大相撲秋場所 7日目の見どころ

大相撲秋場所は7日目。連続休場からの復活を目指す横綱・稀勢の里は6日目に平幕相手に痛い1敗を喫し、15日も平幕・千代の国と対戦します。


レスリング協会調査「会計処理に現時点で問題見つからず」

日本レスリング協会は、会計処理に不適切な点があると指摘されていた問題で、現時点で問題は見つからなかったとする調査結果を明らかにしました。レスリング協会では、今後、さらに対象を広げて調査を続けたうえで、最終的な結果を明らかにするとしています。


ラグビートップリーグ 世界的スターのカーター初出場し21得点

ラグビートップリーグで、神戸製鋼が3連覇を狙うサントリーに36対20で勝ちました。神戸製鋼は、強豪のニュージーランド代表として2回のワールドカップ優勝に貢献した世界的なスター、ダン・カーター選手が初出場し、みずからトライを決めるなど21得点をあげる活躍を見せました。


プロ野球 日本ハムが地震後初めての札幌ドームで勝利

プロ野球は4試合が行われ、日本ハム対オリックスは日本ハムが北海道で起きた地震のあと初めてとなる札幌ドームでの試合を4対3で勝ちました。


3連覇の“レジェンド”がけん引 パラクライミング

東京オリンピックの新競技として注目を集めるスポーツクライミング。その世界選手権がオーストリアのインスブルックで開かれていますが、大会では「パラクライミング」と呼ばれる障害のある選手たちの競技も同時に行われて、日本からは8人の選手が出場しました。日本代表の顔とも言える存在が、視覚障害のあるクラスで大会3連覇を果たした50歳の“レジェンドクライマー”です。


サッカーJ1 14日の結果

サッカーのJ1は第26節の2試合が行われました。


アイスホッケー女子チームでパワハラ 元コーチら4人処分

北海道のアイスホッケーの女子チームで、一部のコーチが選手にパワーハラスメントを行っていたとして日本アイスホッケー連盟は、当時のコーチなど4人を登録停止などの処分にしました。


バドミントン 桃田が中国のベテラン選手に勝ち準決勝へ

バドミントンの国際大会、ジャパンオープンは男子シングルスの準々決勝が行われ、日本のエース、桃田賢斗選手がオリンピック2連覇の実績を持つ中国のベテラン、林丹選手にストレート勝ちし、準決勝進出を決めました。


セーリングW杯江の島大会 風弱くほとんどのレース中止に

2020年東京オリンピックのテスト大会を兼ねた、セーリングのワールドカップ江の島大会は、風が弱かったため、日本勢の活躍が期待される男女の470級など4日目に予定されていたほとんどのレースが中止となりました。


被災の鵡川高校が秋大会に登場

秋の高校野球北海道大会、室蘭地区予選で、14日、今回の地震で被災したむかわ町にある鵡川高校が初戦に臨みました。


体操パワハラ問題の中 あす大会開幕 選手は「競技に集中」

体操の女子選手が日本体操協会の幹部からパワハラを受けたと訴えている問題で、この女子選手と同じ国内トップクラスの選手たちが出場する大会が15日に開幕するのを前に選手たちが記者会見に臨み、競技に集中する姿勢を強調しました。


稀勢の里が初黒星 大相撲秋場所6日目

大相撲秋場所は東京 両国の国技館で6日目の取組が行われ、8場所連続休場からの復活を目指す横綱 稀勢の里は平幕 千代大龍と対戦し押し出しで敗れ今場所、初黒星を喫しました。


体操 内村航平選手「世界選手権に向けいろいろ試したい」

体操の内村航平選手が、来月の世界選手権への最終調整の場として出場する国内大会を前に記者会見に臨み、「本番前、最後の実戦の場なのでいろいろなことを試したい」と抱負を話しました。


群馬 桐生第一高校野球部の元部長 暴力行為で謹慎処分

夏の全国高校野球の優勝経験もある群馬の桐生第一高校野球部の元部長が、部員2人のあごをつかむなど暴力を振るったとして、日本学生野球協会の審査室会議は、この元部長を1か月間の謹慎処分としました。


エンジェルス大谷 ツーベースで1安打

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が、13日のマリナーズ戦に指名打者で出場し、ツーベースヒットを打ちました。


エンジェルス監督「大谷は来季投げないと思う」

右ひじの手術を医師から勧められている大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手について、エンジェルスの監督は13日、「来シーズンは投げないことになると思う」としたうえで、手術については「大谷選手が医師と話をして決断することになっている」と述べました。


ドジャース前田 1失点 勝敗つかず

大リーグ、ドジャースの前田健太投手が13日、カーディナルス戦にリリーフで登板し、1回と3分の1イニングを投げて1点を失いました。


女子ゴルフ メジャー最終戦 畑岡が4位発進

女子ゴルフのメジャー最終戦は13日、フランスのエビアンで第1ラウンドが行われ、19歳の畑岡奈紗選手は、首位と2打差の4位と好スタートを切りました。


フィギュア 宇野 今季初戦のショートプログラムで首位発進

フィギュアスケート、ピョンチャンオリンピックの銀メダリスト、宇野昌磨選手が13日、今シーズンの初戦としてイタリアで行われた国際大会に出場し、前半のショートプログラムで大技の4回転ジャンプを決めるなどしてトップに立ちました。


新体操世界選手権 種目別リボンで皆川8位

ブルガリアで開かれている新体操の世界選手権は13日、個人種目別のリボンの決勝が行われ、皆川夏穂選手は8位でした。


バスケ男子日本代表 W杯アジア2次予選 初戦勝利

バスケットボール男子の日本代表は13日、ワールドカップのアジア2次予選の初戦でカザフスタンに85対70で勝ち、さい先のいいスタートを切りました。


プロ野球 中日 松坂 甲子園で12年ぶりの登板 好投で勝利貢献

プロ野球は、セ・リーグの3試合が行われ、阪神対中日は、38歳の誕生日に甲子園球場での公式戦に12年ぶりに登板した松坂大輔投手が好投し、中日が6対2で勝ちました。


大相撲秋場所6日目 稀勢の里は千代大龍と対戦

大相撲秋場所は6日目。勝ちっ放しの横綱 稀勢の里は、平幕 千代大龍と対戦します。


大相撲秋場所5日目 稀勢の里が5連勝

大相撲秋場所は、東京 両国の国技館で5日目の取組が行われ、8場所連続休場からの復活を目指す横綱 稀勢の里は、平幕の正代に勝って、序盤戦を5連勝で終えました。


高校の女子バレー部監督が体罰で懲戒処分 埼玉 深谷

埼玉県深谷市の高校で、女子バレーボール部の監督の男性教諭が部員の生徒に至近距離からボールをぶつけるなどの体罰を繰り返していたとして、減給の懲戒処分を受けていたことがわかりました。


大坂のコーチが練習メニューを紹介「選手が楽しめる練習を」

テニスの四大大会、全米オープンの女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手のコーチのサーシャ・バジンコーチが日本を訪れて、都内で行われた指導者向けのセミナーに講師として参加し、大坂選手が実際に取り組んでいる練習メニューを紹介しました。


バドミントン女子 福島 廣田ペアが勝ち準々決勝へ

バドミントンの国際大会、「ジャパンオープン」は3日目の13日、女子ダブルスで世界ランキング1位の福島由紀選手と廣田彩花選手のペアが初戦に臨み、韓国ペアに勝って準々決勝に進みました。


ラグビー日本代表 11月にロシアと対戦 W杯開幕戦の相手

ラグビー日本代表が、来年、日本で開かれるワールドカップの開幕戦で対戦するロシアと、ことし11月にテストマッチを行うことがわかりました。今月20日でワールドカップの開幕まで1年となる中で、開幕戦で顔を合わせるチームどうしが対戦するのは異例です。


セーリングW杯 江の島大会 吉田吉岡ペアは5位に後退

2020年東京オリンピックのテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ江の島大会は3日目のレースが行われ、女子470級で世界ランキング1位の日本の吉田愛選手と吉岡美帆選手のペアは5位に順位を落としました。


横審 北村委員長「稀勢の里 序盤の戦いはクリア」

横綱審議委員会の北村正任委員長が13日、秋場所の5日目を視察し、けがからの復活を目指して今場所に進退をかけて臨んでいる横綱 稀勢の里が5連勝したことについて「いちばん心配していた序盤戦の戦いはクリアした。横綱相撲ではないが諦めない気持ちが伝わってくる。ここまで相当、気力も体力も必要だったと思う。中盤戦、終盤戦へと続いてほしい」と述べました。


サーフィン 五十嵐カノア 世界選手権を前に意気込み示す

東京オリンピックの新競技、サーフィンでメダルを目指す五十嵐カノア選手が、15日から愛知県で始まる世界選手権を前にNHKの単独インタビューに応じ「力を全部出して勝ちたい」と意気込みを示しました。


大坂選手にちなんだメニューも 期待膨らむ東京 立川

テニスの全米オープンの女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手が、今月17日から東京で開かれる東レパンパシフィックオープンに出場するのを前に、会場がある東京 立川市では、飲食店で大坂選手にちなんだメニューが人気を集めるなど、歓迎する動きが広がっています。


野球日本代表の稲葉監督 被災地を激励 北海道地震

今回の地震で被災した人たちを元気づけようと、北海道日本ハムファイターズの元選手で野球日本代表の稲葉篤紀監督が安平町や厚真町、それに、むかわ町を訪れ、地元の子どもたちとキャッチボールなどをして励ましました。


アジアパラ大会 日本代表選手を激励 埼玉

来月、インドネシアで開かれるアジアパラ大会に日本代表として出場する、埼玉県所沢市在住の選手たちの激励会が地元で開かれました。


大坂なおみの元コーチ「彼女は世界一になれる」

テニスの大坂なおみ選手が全米オープンの女子シングルスで優勝したことを受けて、大坂選手が10代の頃に指導していた自身も元トップ選手でフロリダのテニススクールのハロルド・ソロモンコーチが取材に応じ、「本当にすばらしいことで、スクールのみんなも喜んでいる。当時、『セリーナのように全米オープンの優勝者になりたい』と彼女が何度も言っていたのを聞いていたので、それを実現させたことが本当にすばらしいことだと思う」と述べ、決勝で対戦したアメリカのセリーナ・ウィリアムズ選手を目標にしていた当時の大坂選手を振り返りながら喜びを語りました。


エンジェルス 大谷 2安打で打率3割に近づく

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が、12日のレンジャーズ戦に指名打者で出場し、ヒット2本を打って打率3割に近づきました。


札幌市 副市長をスイスに派遣しIOC会長に被災状況説明へ

札幌市は、町田副市長をスイスに派遣して、今月17日に地震の被災状況をIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長に説明すると発表しました。市の関係者によりますと、これまで目標としてきた冬のオリンピック・パラリンピックの2026年招致を断念し、2030年を目指すことも合わせて伝えるということです。


文科相「北朝鮮とのスポーツ交流は時期尚早」

日中韓3か国のスポーツを担当する大臣の会合が東京で開かれ、韓国側から北朝鮮とのスポーツ交流を提案されたことついて、林文部科学大臣は「今の情勢では環境が整っていない」と述べ、時期尚早だという考えを伝えたことを明らかにしました。


大リーグ 平野 逆転サヨナラホームラン打たれ3敗目

大リーグ、ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は12日のロッキーズ戦で、9回にリリーフ登板し、逆転のサヨナラツーランホームランを打たれ、3敗目を喫しました。


大相撲秋場所 平幕の豊山 きょうから休場 左ひじ痛める

大相撲秋場所で、新潟市出身の平幕 豊山が、左ひじのけがのため5日目の13日から休場することになりました。


大坂なおみ「世界ランキング 5位以内に入りたい」

テニスの四大大会、全米オープンの女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手が大手自動車メーカーとのスポンサー契約を発表するイベントに出席し、特設のコートでラリーを披露しました。


大坂なおみ会見 ネットで「ほっこり」「かわいい」の声

テニスの四大大会、全米オープンの女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手が日本に帰国して行った記者会見について、ネット上では、「ほっこりする」とか「かわいい」といった声が相次ぎました。


大リーグ ダルビッシュが右ひじ手術 来季は投球できる見通し

大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手が痛めた右ひじに内視鏡を使った手術を受け、球団は、来シーズンは投球できる見通しだとしています。


体操 女子代表監督に協会理事の田中光氏

体操の女子選手が日本体操協会の幹部からパワハラを受けたと訴えている問題を受け、職務を一時的に停止されている女子強化本部長に代わって、体操協会の理事を務める田中光氏が、ことし10月の世界選手権の女子日本代表の監督を務めることになりました。


全米オープン優勝 大坂なおみ帰国会見 “原宿行きたい”

テニスの四大大会、全米オープンの女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手が横浜市で記者会見に臨み、「日本に到着して空港で多くの人が出迎えてくれて声援を受けていることを実感した」と日本に帰国しての心境を述べました。


札幌市 冬季五輪・パラ2026年招致を断念 30年目指す

冬のオリンピック・パラリンピックの招致をめぐって札幌市は、これまで目標としてきた2026年を断念し、2030年に目指すことを決めました。札幌市は、この方針を近くIOC=国際オリンピック委員会に直接伝える方針です。


全米オープン優勝 大坂なおみ選手が帰国

テニスの全米オープンの女子シングルスで優勝し、四大大会のシングルスで日本選手として初の頂点に立った大坂なおみ選手が13日朝、帰国しました。


大相撲秋場所 5日目の見どころ

大相撲秋場所は5日目、連日、必死の相撲で白星をつかみ取っている横綱・稀勢の里は5連勝をかけて平幕・正代と対戦します。


プロ野球 12日の試合結果まとめ 広島はマジック7に

プロ野球は5試合が行われ、広島対DeNAは広島が7対2で勝ち、2位のヤクルトが引き分けたため、優勝へのマジックナンバーを2つ減らして「7」としました。


東京五輪 競泳決勝は午前に 序盤から日本選手の活躍に期待

2020年東京オリンピックの競泳は、決勝が午前の時間帯に行われるなど詳しいスケジュールが発表され、開会式翌日のレース初日に池江璃花子選手が最も得意とする女子100メートルバタフライの予選が行われるなど、序盤から日本選手の活躍が期待される日程となりました。


サッカー天皇杯 準々決勝の対戦カード決定

サッカー日本一を争う天皇杯は準々決勝の組み合わせ抽選が行われ、12大会ぶりの優勝を目指す浦和レッズは、サガン鳥栖との対戦になりました。


東京五輪の暑さ対策 IOCが一定の評価

2020年東京オリンピックの準備状況を確認するIOC=国際オリンピック委員会と大会の組織委員会による2日間の事務折衝が終わり、IOCは大会期間中の暑さ対策について、一定の評価を示しました。


巨人 山口オーナー 高橋監督に続投要請の意向

プロ野球・巨人で、今シーズンで3年契約の3年目を終える高橋由伸監督について、球団の山口寿一オーナーは、若手の育成を評価したうえで、「十分にチームを整えて、監督には次も腕を振るってもらいたい」と話し、来シーズンの続投を要請する意向を示しました。


バドミントン ジャパンオープン 永原・松本ペア2回戦へ

バドミントンの国際大会「ジャパンオープン」は2日目の12日、先月の世界選手権を初出場ながら優勝した女子ダブルスの永原和可那選手と松本麻佑選手のペアが、ロシアのペアに快勝して2回戦に進みました。


阪神 メッセンジャー 再調整で出場選手登録を抹消

プロ野球、阪神のエースで、チームトップの11勝を挙げているメッセンジャー投手が再調整のため、12日、1軍の出場選手登録を抹消されました。


プロ野球2020年の日程 オーナー会議で五輪中断期間など決定

プロ野球のオーナー会議で、東京オリンピックが開かれる再来年の日程について話し合われ、オリンピック期間中のペナントレースの中断を23日間とすることや、開幕を1週間早めることなどを決めました。


東京五輪 ソフトボール 福島で6試合実施

2020年東京オリンピックのソフトボールについて、福島市で行われる試合数がこれまでの1試合から6試合に増えることが決まりました。


セーリングW杯 女子470級 吉田・吉岡ペアが3位浮上

2020年東京オリンピックのテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ江の島大会は2日目のレースが行われ女子470級では日本の吉田愛選手と吉岡美帆選手のペアが3位に順位を上げました。


引退表明の巨人 杉内「幸せな野球人生だった」

プロ野球の巨人とソフトバンクなどで通算142勝を挙げた杉内俊哉選手が、今シーズンかぎりで引退することを表明し、記者会見で、「すばらしいチームメイトに出会えて、幸せな野球人生だった」と17年間の現役生活を振り返りました。


ダイヤモンドバックス 平野 70試合目で初セーブ

大リーグ、ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は11日、相手の本拠地、コロラド州デンバーで行われたロッキーズ戦でリリーフ登板し、ノーアウト一塁三塁のピンチを抑え、70試合目の登板で初セーブをマークしました。


東京五輪の聖火 採火式から東北3県での展示までの日程決定

東京オリンピックの聖火リレーについて、ギリシャでの聖火の採火式が2020年の3月12日に行われ、3月20日に宮城県に到着してから、リレーの出発前に「復興の火」として、宮城、岩手、福島の順番でそれぞれ2日間ずつ展示されることが決まりました。


大相撲秋場所 横綱 稀勢の里4連勝

大相撲秋場所は東京・両国の国技館で4日目の取組が行われ、8場所連続休場からの復活を目指す横綱・稀勢の里は、前頭筆頭・魁聖とのおよそ1分の長い相撲を制し4連勝です。


稀勢の里を応援 後援会が国技館へ出発 茨城 牛久

大相撲秋場所で8場所連続の休場から復活を目指す横綱 稀勢の里を応援しようと、地元の茨城県牛久市の後援会のメンバーがツアーを企画し、東京・両国の国技館に向かいました。


日体大の駅伝監督 大学がパワハラを認定し解任

「箱根駅伝」で10回の総合優勝を誇る、日本体育大学の監督が学生にパワーハラスメントを行った疑いがあるとして大学側が調査してきた問題で、日体大は暴力行為やパワハラを認定し、監督を解任しました。


エンジェルス 大谷 連続試合ヒット「8」で止まる

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が11日のレンジャーズ戦に指名打者で出場し、3打数ノーヒットに終わり、連続試合ヒットは「8」で止まりました。


プロ野球 巨人の杉内俊哉 今季かぎりで引退へ

プロ野球の巨人とソフトバンクなどで通算142勝をあげた杉内俊哉選手が今シーズンかぎりで現役を引退することになりました。


東京五輪・パラのボランティア 9月26日から募集開始

2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティアについて、組織委員会と東京都は今月26日から募集を始めることを発表しました。


スポーツ庁 相次ぐ不祥事 再発防止へ作業チーム初会合

パワハラや暴力などスポーツ界の不祥事が相次いでいることを受けて、再発防止を検討するスポーツ庁の作業チームの初会合が開かれ、鈴木長官は不祥事を防ぐこれまでの政策を総点検し、対応を強化していく考えを示しました。


大相撲 平幕 旭大星が休場 両ひざのけが

大相撲秋場所で北海道出身の平幕 旭大星が両ひざのけがのため、4日目の12日から休場することになりました。


マリナーズ岩隈 今季限りで退団へ 日本球界復帰目指す

大リーグで日本選手として2人目のノーヒットノーランを達成した岩隈久志投手が11日、今シーズン限りでマリナーズを退団することを明らかにしました。岩隈投手は現役を続け、日本球界への復帰を目指す意向を示しました。


東京五輪 プロ野球中断は23日間の案

2020年の東京オリンピック開催に伴うプロ野球の中断期間について、NPB=日本野球機構はオリンピック終了後、選手の調整期間を4日間設け、23日間とする案を12日行われるオーナー会議に諮ることになりました。


大相撲秋場所 4日目の見どころ

大相撲秋場所は4日目。8場所連続休場からの復活へ、初日から3連勝と順調な滑り出しをみせた横綱 稀勢の里は平幕 魁聖と対戦します。


サッカー日本代表 森保監督 “攻撃の裏に献身守備”

サッカー日本代表は森保一監督が就任してから初めての強化試合となるコスタリカ戦を3対0と勝利しました。森保監督は、攻撃を担う若手が活躍した試合を振り返り、「攻撃のよさを発揮できたのは守備が頑張ってつないでいるということでもある」とチームのための献身的なプレーを評価しました。


スポーツクライミング 東京五輪種目で初王者を争う

2020年東京オリンピックの追加競技、スポーツクライミングの世界選手権がオーストリアで開かれていて、ことしは、オリンピックで実施される種目の「複合」で、初めての王者が決まるとあって注目を集めています。


プロ野球 11日の試合結果まとめ

プロ野球は北海道で起きた地震の影響で11日からの日本ハム対ロッテの2連戦が中止となり、ナイトゲーム5試合が行われました。


五輪ボランティア 「行いたくない」60% 「行いたい」23%

2年後の東京オリンピックのボランティアについて、研究機関が20代から60代の合わせて1万人に意識調査を行ったところ、ボランティアを「行いたい」と回答した人は23%、「行いたくない」は60%でした。


サッカー日本代表 森保新監督 初戦勝利

サッカー日本代表は11日夜、森保一監督が就任してから初めての強化試合となるコスタリカ戦に臨み、新たな戦力の活躍で3対0で勝ちました。


東京五輪 福島でのソフトボールの試合 1試合から6試合へ

2020年東京オリンピックのソフトボールについて、福島市で行われる試合数が、これまでの1試合から6試合に増えることが関係者への取材でわかりました。


大相撲秋場所3日目 稀勢の里は3連勝

大相撲秋場所は東京 両国の国技館で3日目の取組が行われ、8場所連続休場からの復活を目指す横綱 稀勢の里は、平幕の豊山に勝って3連勝です。


巨人の澤村 不調で1軍の出場選手登録抹消

プロ野球、巨人で不安定なピッチングが続いていたリリーフの澤村拓一投手が11日、1軍の出場選手登録を抹消されました。


東京五輪最初のテスト大会 セーリングの予選レース始まる

2020年東京オリンピックの最初のテスト大会となるセーリングの「ワールドカップ江の島大会」は、11日から予選レースが始まり、女子470級では先月の世界選手権で日本の女子として初めて金メダルを獲得した吉田愛選手と吉岡美帆選手のペアが全体の5位につけました。


2020年のプロ野球 東京五輪開幕6日前に前半戦終了

東京オリンピックがある2020年のプロ野球のペナントレースは、オリンピックが開幕する6日前の7月18日までに前半戦を終え、オールスターゲームを2試合開催したあと、中断期間に入ることになりました。


エンジェルス大谷 球団幹部と相談も治療方針結論出ず

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手は、10日、球団の医師から右ひじの手術を勧める診断を受けたあと、初めて球団幹部と治療方針について話し合いましたが、結論には至りませんでした。


バドミントン ジャパンオープン開幕 桃田選手は順調なスタート

バドミントンの国際大会、「ジャパンオープン」が開幕し、日本男子として初優勝を目指す男子シングルスのエース、桃田賢斗選手は1回戦をストレート勝ちし順調なスタートを切りました。


小学生が競技用義足を体験 埼玉 新座

2年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて障害者スポーツへの理解を深めようと埼玉県新座市で小学生が競技用の義足を体験する授業が行われました。


セーリングの大会でイルカショー 非難受け日本連盟が陳謝

東京オリンピックに向けた最初のテスト大会となっているセーリングの「ワールドカップ江の島大会」で9日、水族館を会場に行われた開会式にイルカのショーが披露されたことについて海外の一部の選手から「ショックを受けた」などといった声があがりました。国際セーリング連盟からの非難を受け日本セーリング連盟は「不快な思いをされた方に申し訳ない」と陳謝しました。


エンジェルス 大谷 8試合連続ヒット

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が10日のレンジャーズ戦でタイムリーを含む2本のヒットを打ち、8試合連続ヒットとしました。


プロ野球8月の月間MVP 西武の中村が2回目の受賞

プロ野球の8月の月間MVPが発表され、パ・リーグの打者部門ではリーグ記録に並ぶ6試合連続を含む12本のホームランを打った西武の中村剛也選手が3年ぶり2回目の受賞を果たしました。


「女性差別」か セリーナ選手へのペナルティ テニス界二分

大坂なおみ選手が優勝したテニスの全米オープンで、対戦相手のセリーナ・ウィリアムズ選手が審判に対する暴言などを理由にペナルティーを科され、「女性への差別だ」として反発していることについて、女子テニス協会がウィリアムズ選手を擁護したのに対し、国際テニス連盟は審判を支持し、テニス界を二分する議論となっています。


東京五輪 IOCと組織委 猛暑や自然災害への対応議論へ

2020年東京オリンピックの準備状況を確認するIOC=国際オリンピック委員会と大会の組織委員会による事務折衝が11日から始まり、ことしの猛暑や相次いでいる自然災害を念頭に、対応について具体的な議論を進めることになりました。


野球U18解団式 進路に注目の吉田投手「ゆっくり決めたい」

野球の18歳以下のアジア選手権に出場していた日本代表は11日朝、宮崎市で解団式を行い、金足農業の吉田輝星投手は進路について、「いろんな人の意見を聞いてゆっくり決めたい」として、今月30日から行われる国体を終えてから決断する考えを示しました。


米男子ゴルフ プレーオフ第3戦 松山15位で最終戦進出

男子ゴルフのアメリカツアー、プレーオフ第3戦は10日、ペンシルベニア州で最終ラウンドが行われ、松山英樹選手はスコアを1つ伸ばして通算14アンダーで15位となり、上位30人が出場できるプレーオフ最終戦への進出を決めました。


大相撲秋場所3日目見どころ 2連勝の稀勢の里は平幕 豊山と

大相撲秋場所は3日目。8場所連続休場からの復活を目指す横綱 稀勢の里は土俵際の粘りで勝ち2連勝とし、11日は平幕の豊山と対戦します。


エンジェルス大谷 4ホームランで2回目の週間MVPに

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が10日、1週間にホームラン4本を打ったことなどが評価され、アメリカンリーグの週間最優秀選手、週間MVPに選ばれました。大谷選手の受賞はこれが2回目です。


サッカー森保監督 今夜初戦 若き日本代表に注目

サッカー日本代表は森保一監督が就任してから初めての強化試合となるコスタリカ戦に11日夜臨みます。メンバーの平均年齢はワールドカップロシア大会から3歳若返り、若い選手たちがどのようにアピールするか注目が集まります。


本田圭佑 “監督” デビュー戦飾れず「僕の責任」

サッカー、カンボジア代表の実質的な監督に就いた本田圭佑選手が10日、初采配となるマレーシア代表との強化試合に臨みましたが逆転負けを喫し、初戦を勝利で飾ることはできませんでした。


錦織圭「がむしゃら」と「工夫」で攻撃テニス磨き ベスト4に

テニスの四大大会最終戦、全米オープンで錦織圭選手は2年ぶりのベスト4入りを果たしました。みずからの持ち味である攻撃的なテニスをがむしゃらな姿勢と工夫でさらに磨いてつかんだベスト4でした。


戻る ページトップに戻る
ポイント還元のシュミレーション
クレジットカードの仕組み
クレジットカードの便利さ
クレジットカードの分類
クレジットカードの国際ブランド
クレジットカードの支払い方法
クレジットカード申込み基準
クレジットカードの安全性
ポイントサービス
ロードサービス付帯
海外旅行保険付帯
預金・振込手数料
ネットショッピング
ポイントサービス充実のクレジットカード
現金でキャッシュバックされるクレジットカード
ポイント有効期限無しのクレジットカード
旅行保険の充実したクレジットカード
ロードサービスの充実したクレジットカード
学生の方に最適のクレジットカード
プロバイダ代が安くなるクレジットカード
携帯電話料金が安くなるクレジットカード
おサイフケータイに利用できるクレジットカード
ダイエーグループ各店で買い物する方、必携のクレジットカード
イオングループ各店で買い物する方、必携のクレジットカード
ガソリンが安くなるクレジットカード
ライフ MasterCard
オリコカード [UPty]
シティ クリアカード
イオン(グループ)カード
《セゾン》カード
《セゾン》フォービート
GE Zガンダムカード
JCB Arubara
UFJ VIASOカード
UFJアイムカード(学生用)
NICOS CAMPUSカード
NICOSカード 「Soo」
OMCJiyu!da!カード
りそなカード《セゾン》
DCカード Jizile[ジザイル]
My Sony Card(マイソニーカード)
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAアミティエカード
楽天カード
出光カード・まいどプラス
NTTグループカード
イーバンクカードニコス
最新ニュース一覧