株式投資情報 2018年3月4日 (日曜日)

【3月の株主優待】山陽電気鉄道、セイノーHD、商船三井、日本航空、ANA、安田倉庫など

【3月の株主優待】(27)名古屋電鉄<9048>(東1)優待品=優待券売買単位=100株直近株価=2718円京福電鉄鉄道<9049>(東2)優待品=乗車証など売買単位=100株直近株価=2860円センコン物流<9051>(JQ)優待品=お米東北の特産品売買単位=100株直近株価=747円山陽電気鉄道<9052>(東1)優待品=優待乗車券売買単位=100株直近株価=2706円遠州トラック<9057>(JQ)優待品=クラウンマスクメロン売買単位=100株直近株価=1555円


【3月の株主優待】ヤオコー、ケーズHD、千葉銀行、青森銀行、岩手銀行、みちのく銀行など

【3月の株主優待】(26)タカチホ<8225>(JQ)優待品=共通入浴券売買単位=1000株直近株価=1580円エイチ・ツー・オーリテイリング<8242>(東1)優待品=優待券売買単位=100株直近株価=2052円丸井グループ<8252>(東1)優待品=優待券売買単位=100株直近株価=2014円アクシアルリテイリング<8255>(東1)優待品=買物割引券売買単位=100株直近株価=4225円ヤオコー<8279>(東1)優待品=買物券売買単位=100株直近株価=5690円


【3月の株主優待】京成電鉄、広島電鉄、新京成電鉄、サカイ引越センター、阪急阪神HDなど

【3月の株主優待】(25)小田急電鉄<9007>(東1)優待品=優待乗車証売買単位=100株直近株価=2166円京王電鉄<9008>(東1)優待品=優待乗車証売買単位=100株直近株価=4670円京成電鉄<9009>(東1)優待品=優待乗車証売買単位=100株直近株価=3465円富士急行<9010>(東1)優待品=電車回数券他売買単位=100株直近株価=2650円秩父鉄道<9012>(JQ)優待品=優待乗車証売買単位=100株直近株価=2845円


【3月の株主優待】コールドクエスト、タカラレーベン、東武鉄道、京浜急行電鉄など

【3月の株主優待】(24)小林洋行<8742>(東1)優待品=お米券売買単位=100株直近株価=299円アドバンテッジリスクマネジメント<8769>(東1)優待品=サービス年間無料券売買単位=100株直近株価=1423円イー・ギャランティ<8771>(東1)優待品=クオカード売買単位=100株直近株価=4545円NECキャピタルソリューション<8793>(東1)優待品=カタログギフト売買単位=100株直近株価=2125円京阪神ビルディング<8818>(東1)優待品=おこめ券売..


トーホーは18年1月期連結業績予想の下方修正を発表

■M&Aや情報システム投資などによって経費が予想を上回る 業務用食品卸の最大手であるトーホー<8142>(東1)は2日、18年1月期連結業績予想の下方修正を発表した。 売上高については、前回予想を若干下回る見込みとなった。利益については、M&Aや情報システム投資などによって経費が予想を上回る見込み。 その結果、18年1月期通期連結業績予想は、売上高については前回予想を15億円下回る2070億円(前期比1.4%減)、営業利益は6億円下回る18億円(同37.5%減)、経常利益は7..


マクニカ・富士エレ ホールディングスは2回目となる今通期連結業績予想の上方修正を発表

■車載市場向け、産業機器市場向けビジネスを中心に業績が拡大 マクニカ・富士エレ ホールディングス<3132>(東1)は2日引け後、2回目となる今通期連結業績予想の上方修正を発表した。 第4四半期において、コンピュータ市場向けメモリビジネスの一部減少と為替レートが円高に推移しているものの、車載市場向け、産業機器市場向けビジネスを中心に業績が拡大していることから、10月23日に続く、2回目の業績の上方修正となった。 その結果、今期18年3月期通期連結業績予想の売上は、前回予想を2..


セーラー万年筆は注記の記載解消を発表

■17年12月期の最終利益が黒字化 セーラー万年筆<7992>(東2)は2日、注記の記載解消を発表した。 同社は、17年12月期の最終利益が黒字化したことから、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消することとなった。 同社では、14年、15年、16年と赤字決算が継続していた。そのため、17年12月に新執行部が発足し、新たな3年間の中期経営計画(16年12月期から18年12月期)を策定し、構造改革に取り組んできた。 その結果、17年12月期の連結業績は、売上高56億94百万..


東京コスモス電機は今期通期連結業績予想の上方修正を発表

■車載用フィルムヒーターや車載用電装部品が前回予想を上回る見込み 東京コスモス電機<6772>(東2)は2日、今期通期連結業績予想の上方修正を発表した。 売上高は前回予想を6億円上回る100億円(前期比19.9%増)、営業利益は40百万円上回る3億80百万円(同11.9%減)、経常利益は80百万円上回る2億80百万円(同117.0%増)、純利益は30百万円上回る1億50百万円(同72.4%増)となる見込み。 売上高については、車載用フィルムヒーターや車載用電装部品が前回予想を..


パイプドHDのグループ企業、カレンは組織体制を変更

■IT人材不足の課題解決力を強化し、業界特化のMA支援の実現を目指す パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、カレンは、IT人材不足の課題解決力を強化し、業界特化のMA(マーケティングオートメーション)支援の実現を目指し、組織体制を変更することを発表した。 最小の営業数で顧客満足を最大化するデジタルCRM(顧客関係管理)運用企業のカレンは、人材不足で悩む中小企業向けに「ITレンジャー事業」および接客の効率化を推進する大手企業向けにMAの運用課題を解決する「ソリューショ..


【小倉正男の経済コラム】トランプ大統領への不信、金利上昇でドル安の報い

■トランプ大統領の政策に信頼が置かれていない? 3月に入ったが、その途端というべきか株価は波乱の幕開けとなっている。2月中旬の乱高下=大幅下落が「本震」とすれば、3月初めの大幅下落は「余震」のようなものか。 いずれも、震源地はアメリカ・トランプ大統領にほかならない。 もっとも、今回の株価下落は、高関税による鉄鋼、アルミの輸入制限が原因だ。つまりは、保護主義的な政策である――。これには内外から強い批判・反発が出ている。 2月の乱高下では、「株価は理由もなく騰がり過ぎていたのだか..


【3月の株主優待】リコーリース、オリックス、大和証券G、マネックスグループなど

【3月の株主優待】(23)みなと銀行<8543>(東1)優待品=金利優遇売買単位=100株直近株価=2029円京葉銀行<8544>(東1)優待品=金利優遇売買単位=1000株直近株価=494円北日本銀行<8551>(東1)優待品=特産品売買単位=100株直近株価=2953円大東銀行<8563>(東1)優待品=金利優遇売買単位=100株直近株価=1335円リコーリース<8566>(東1)優待品=クオカード売買単位=100株直近株価=3610円


【3月の株主優待】広島銀行、四国銀行、沖縄銀行、興銀リース、SBIHD、愛知銀行など

【3月の株主優待】(22)南都銀行<8367>(東1)優待品=ポイン売買単位=100株直近株価=2933円百五銀行<8368>(東1)優待品=特産品売買単位=100株直近株価=513円広島銀行<8379>(東1)優待品=金利優遇売買単位=100株直近株価=819円山陰合同銀行<8381>(東1)優待品=VJAギフトカード売買単位=100株直近株価=992円中国銀行<8382>(東1)優待品=岡山県特産カタログ売買単位=100株直近株価=1291円


【3月の株主優待】サンリオ、モスフードサービス、上新電機、いなげや、青山商事など

【3月の株主優待】(21)デサント<8114>(東1)優待品=割引券売買単位=100株直近株価=1692円キング<8118>(東1)優待品=招待状など売買単位=100株直近株価=642円三栄コーポレーション<8119>(JQ)優待品=優待ポイント売買単位=100株直近株価=4140円川辺<8123>(JQ)優待品=自社製品売買単位=1000株直近株価=230円東邦ホールデングス<8129>(東1)優待品=グループ取扱商品売買単位=100株直近株価=2531円


【3月の株主優待】ナカバヤシ、ニフコ、スクロール、ミズノ、カナデンなど

【3月の株主優待】(20)ヤマハ<7951>(東1)優待品=ギフト商品売買単位=100株直近株価=4730円河合楽器製作所<7952>(東1)優待品=カワイコンサートへの招待売買単位=100株直近株価=3840円天馬<7958>(東1)優待品=クオカード売買単位=100株直近株価=2194円松風<7979>(東1)優待品=自社製品売買単位=100株直近株価=1441円ナカバヤシ<7987>(東1)優待品=自社製品売買単位=100株直近株価=624円


買いたい時は3日待て=犬丸正寛の相場格言

■買いたい時は3日待て 買いたいと思った時は、ほとんどの場合、思い入れが強く、気持ちが一直線になって余裕がなく、反対の動きなどは考えないので、深呼吸して、1、2、3と数えるくらいの気持ちで3日くらい待ちなさい。3日経って、それでもなお自分でいいと思ったら買ってみなさいという教えです。 昔と違って、証券会社の店頭で、客同士が銘柄感を交わし、意気投合して、この銘柄しかないと熱くなることは、今では、なくなりましたが、それでも、雑誌、新聞、テレビ、各種のレポートなどで紹介されると買い..


オロが3月26日から東証1部銘柄に

■株式の立会外分売も発表 オロ<3983>(東マ)は2日、東京証券取引所の承認を受け、18年3月26日(月)をもって、東証マザーズから東証第1部へ市場変更することを発表した。 また、今回の東京証券取引所の決定とあわせて、同日に、株式の立会外分売を発表した。 分売予定株式数は32万4千株、分売値段は分売実施日(2018年3月20日から3月23日)の前日の終値もしくは最終気配値を基準として決定。今回の立会外分売は、「市場変更における形式基準の充足を図るとともに、当社株式の分布状況..


【銘柄フラッシュ】セルシードが心筋シートなど思惑視されて急伸しシーズメンは5日連続ストップ高

 2日は東証1部の値上がり率1位がアグロカネショウ<4955>(東1)の9.4%高となり、会社発表の新製品や証券会社による投資判断は出ていないようだが、このところの米国発の世界株安を受けた下げがほとんど見られないまま底堅く推移していることや2月に主力農薬の効能拡大が承認され業績寄与の期待があることなどが言われて高値を更新。 2位はサイバーリンクス<3683>(東1)の8.0%高となり、NTTドコモ<9437>(東1)とのタイアップによるAI(人工知能)活用の棚割画像認識サービ..


【投資に役立つ説明会資料】セルシードの2017年12月期決算説明会資料

セルシード<7776>(JQ) セルシード<7776>(JQ)は細胞シート再生医療製品の開発・事業化、および世界普及を目指すバイオベンチャーである。19年に食道がん再生治療の食道再生上皮シートの承認取得および販売開始を目指している。18年12月期は台湾MetaTech社からの収入などで黒字化予想である。そして20年12月期以降の収益拡大本格化が期待される。


【株式市場】NY株急落を受け日経平均は前場635円安まで下押すが後場は多少戻す

◆日経平均の終値は2万1181円64銭(542円83銭安)、TOPIXは1708.34ポイント(31.86ポイント安)、出来高概算(東証1部)は16億100万株■新規上場のSERIOホールディングスは買い気配のまま初値を持ち越す 2日後場の東京株式市場は、前場の日経平均627円安を受けた週末午後の取引とあって、様子見気分が漂う一方で買い戻す動きもあったようで、ソニー<6758>(東1)などが13時頃から回復基調に転換。日経平均は13時頃の600円安前後からやや持ち直して14時..


ハウスドゥは逆行高、京葉ビルドの株式取得を完了し首都圏での事業加速へ

■第2四半期は最高益を更新し一層の業績拡大を期待 ハウスドゥ<3457>(東1)は2日の後場、次第に持ち直して堅調に転じ、14時にかけては3030円(78円高)まで上昇。TOPIX(東証株価指数)や日経平均が大幅安の中で逆行高となり、上場来の高値(3160円)圏で再び上値を指向する展開になった。 住みながら売却できるハウス・リースバック事業やリバースモーゲージ保証事業などが順調に拡大し、第2四半期の連結業績(17年7月1日〜12月31日累計)は各利益とも過去最高を更新した。 ..


テックポイント・インクがストップ高、「来期営業益4倍強に」と伝わり注目再燃

■米国に本社を置き銃乱射事件を機に監視(防犯)カメラ需要を思惑視する様子も テックポイント・インク(Techpoint,Inc.)<6697>(東マ)は2日の後場、13時を過ぎても買い気配のままストップ高の2114円(400円高)に張り付き、23%高で東証マザーズ銘柄の値上がり率1位となった。2月2日以来の2000円台回復。米国に本社を置き、監視(防犯)カメラシステムと車載カメラシステム向け半導体の設計、および販売などを行い、「来期営業益4倍強に」(3月2日付の日本経済新聞朝..


シノケングループは国内初の本格的な機関投資家向けアパートファンド『HTT−?号ファンド』を組成し、不動産ファンド事業に進出

■新たに株式会社シノケンアセットマネジメント(本社:福岡市)を設立 シノケングループ<8909>(JQS)は1日、東京23区内に所在するシノケンのアパート(ブランド名:『ハーモニーテラス』)21棟に投資を行う国内初の本格的な機関投資家向けアパートファンド『HTT−?号ファンド』(ファンド総額:約30億円)を組成し、不動産ファンド事業に進出することを発表した。 同社は1990年の設立来、土地を持たないサラリーマン・公務員層の個人に対し、「土地がなくても、自己資金が少なくてもアパ..


パイプドHDのグループ会社、ブルームノーツは有料職業紹介事業を開始

■完全オーダーメイドによる人材育成プログラムの構築と運用サポートで、若手社員の早期戦力化を支援 パイプドHD<3919>(東1)のグループ会社、ブルームノーツは、3月1日付で、厚生労働大臣の認可(認可番号:JIS Q 15001:2006)を取得し、有料職業紹介事業を開始した。 ブルームノーツは、完全オーダーメイドによる人材育成プログラムの構築と運用サポートで、若手社員の早期戦力化支援を行っており、採用時に企業が求める人物像と研修終了時の人物像を正確に把握できることで、よりマ..


【株式市場】米トランプ大統領の保護貿易主義的な発言を受け日経平均は一時635円安

◆日経平均の前引けは2万1097円35銭(627円12銭安)、TOPIXは1701.70ポイント(38.50ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億9837万株■新規上場となったSERIOホールディングスは買い気配のまま70%高 2日(金)前場の東京株式市場は、米トランプ大統領の保護貿易主義的な発言を受けてNYダウが急落し、3日間で合計1100ドル安となったことなどが影響し、株価指数の先物が先行安。日経平均は384円安で始まり、11時頃には635円51銭安(2万1088円9..


ジェイテックコーポレーションは上場3日目も上値を追い連日高値

■今6月期の売上高53%増など業績の大幅拡大が注目される ジェイテックコーポレーション<3446>(東マ・売買単位100株)は2日も上値を追い、一時11%高の1万2450円(1260円高)まで急伸。2月28日の上場後、毎日上値を追っている。公開価格は2250円、初値は9700円。PERが200倍を超えてきたため注視する姿勢はあるが、バイオメトリクス分野は最先端のため単純なPER比較は当てはまらないと強気の見方もある。 1993年に設立され、大阪大学・理化学研究所の研究成果の実..


戻る ページトップに戻る
ポイント還元のシュミレーション
クレジットカードの仕組み
クレジットカードの便利さ
クレジットカードの分類
クレジットカードの国際ブランド
クレジットカードの支払い方法
クレジットカード申込み基準
クレジットカードの安全性
ポイントサービス
ロードサービス付帯
海外旅行保険付帯
預金・振込手数料
ネットショッピング
ポイントサービス充実のクレジットカード
現金でキャッシュバックされるクレジットカード
ポイント有効期限無しのクレジットカード
旅行保険の充実したクレジットカード
ロードサービスの充実したクレジットカード
学生の方に最適のクレジットカード
プロバイダ代が安くなるクレジットカード
携帯電話料金が安くなるクレジットカード
おサイフケータイに利用できるクレジットカード
ダイエーグループ各店で買い物する方、必携のクレジットカード
イオングループ各店で買い物する方、必携のクレジットカード
ガソリンが安くなるクレジットカード
ライフ MasterCard
オリコカード [UPty]
シティ クリアカード
イオン(グループ)カード
《セゾン》カード
《セゾン》フォービート
GE Zガンダムカード
JCB Arubara
UFJ VIASOカード
UFJアイムカード(学生用)
NICOS CAMPUSカード
NICOSカード 「Soo」
OMCJiyu!da!カード
りそなカード《セゾン》
DCカード Jizile[ジザイル]
My Sony Card(マイソニーカード)
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAアミティエカード
楽天カード
出光カード・まいどプラス
NTTグループカード
イーバンクカードニコス
最新ニュース一覧