NHKニュース|国際 2017年12月3日 (日曜日)

少女像設置 韓国プサンと姉妹都市の福岡市が懸念

慰安婦問題を象徴する少女像が、去年12月、韓国プサン(釜山)の日本総領事館の前に設置されたことをめぐり、姉妹都市の福岡市は、今月にも市の幹部を派遣して直接、懸念を伝える方針です。


釣り船が転覆し13人死亡 2人不明 韓国

韓国北西部の沖合で3日朝、釣り船が別の船と衝突して転覆し、乗っていた22人のうち13人が死亡、2人が行方不明となり、捜索が続いています。


「雨傘運動」の主導者らが抗議デモ 香港

香港で3年前、民主的な選挙の実現を求めて抗議活動を主導した当時の学生団体の幹部らが、中国や香港政府が民主化運動への締めつけを強めているとして大規模なデモを呼びかけ、市民およそ2000人が抗議の声を上げました。


中国 ネットの必要性強調も規制は正当化

中国でインターネットに関する国際会議が開かれ、出席した最高指導部のメンバーは、インターネットについて経済成長のために活用する必要があると強調する一方、批判があるネット規制に対しては、「主権」の問題だとして正当化しました。


中国がジブチに建設した初の海外基地を撮影

アジアとヨーロッパをつなぐ海上交通の要衝にある東アフリカのジブチに、中国軍がこの夏、初めて海外に設けた基地をNHKのテレビカメラが捉えました。基地は部隊の長期的な駐留を見据えた重厚な造りで、アメリカなどは中国が軍事的な拠点とするのではないかと警戒しています。


ミャンマーで日本語能力試験 1万人超が受験

日系企業の進出が相次ぐミャンマーで、日本語の能力を測る試験が行われ、現地の日系企業や日本での就職を希望する1万人を超える人たちが試験に臨みました。


ロシア疑惑で誤報 トランプ大統領がメディアを強くけん制

アメリカのABCテレビは、いわゆる「ロシア疑惑」をめぐりトランプ大統領とロシアとの関わりを伝えた報道の内容に誤りがあったとして、担当した記者を停職処分にしました。これに対しトランプ大統領は、早速、ツイッターで「処分、おめでとう」などとつぶやき、メディアを強くけん制しました。


ナイジェリアで爆発 13人死亡 ボコ・ハラム自爆テロか

西アフリカのナイジェリアの市場で2日、2度にわたる爆発が起き、少なくとも13人が死亡し、現地の警察はイスラム過激派組織、ボコ・ハラムによる自爆テロの可能性が高いと見て捜査しています。


キム委員長 火星15型発射台の大型タイヤ工場視察

北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、ICBM=大陸間弾道ミサイル級の「火星15型」を搭載する移動式発射台のタイヤ工場を視察したと伝え、発射台の生産を国産化したとするみずからの主張を印象づける狙いがあると見られます。


ドイツ右派政党党首 メルケル首相と対決姿勢

難民の受け入れ反対を訴えて9月に行われたドイツの連邦議会選挙で第3党に躍進した右派政党「ドイツのための選択肢」の党大会が行われ、党首に選出されたモイテン氏は、メルケル首相と対決していく姿勢を鮮明にしました。


トランプ大統領 ロシア疑惑で「共謀は絶対にない」

アメリカのトランプ大統領は、いわゆるロシア疑惑をめぐる一連の捜査で元側近が訴追されたことについて「共謀は絶対にない」と述べて、改めて、当時のみずからの陣営とロシアとの共謀はなかったと主張しました。


米研究グループ“北朝鮮 SLBMの新発射台の運用近づく”

北朝鮮の動向を分析しているアメリカの研究グループは、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルの新たな発射台の運用が近づいていると指摘し、北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルだけでなく、SLBMの開発も進めていることを裏付ける動きだとしています。


公明 山口代表 中国共産党中央対外連絡部トップと会談

中国を訪問している公明党の山口代表は2日夜、中国共産党で対外交流を担当する中央対外連絡部のトップ、宋涛部長と会談し、北朝鮮問題の解決に向けて日中両国の連携を強めていくことで一致しました。


米韓共同訓練を前に 北朝鮮が非難の声明発表

アメリカ軍と韓国軍が最新鋭のステルス戦闘機を参加させて4日から定例の共同訓練を始めるのを前に、北朝鮮は「アメリカが朝鮮半島情勢を一触即発の状況に追い込んでいる」と非難する声明を発表し、核・ミサイル開発は自衛的な措置だと強調しました。


大型サイクロンの被害拡大 インドとスリランカで26人死亡

大型のサイクロンの被害に見舞われているインド南部とスリランカでは、大雨と強風による死者が合わせて26人になるなど、被害が拡大しています。


米議会上院 法人税引き下げの税制改革法案可決

アメリカ議会上院は、トランプ政権が経済政策の柱に掲げる税制改革の法案を可決し、目標とする年内の法案の成立に向け前進しました。ただ、今後、すでに可決されている下院の法案と一本化する調整が必要で、う余曲折も予想されます。


サッカー北朝鮮代表 日本へ出発

日本で開催されるサッカーの東アジア選手権に出場する、北朝鮮代表の一行が、日本へ向かうため、2日、ピョンヤンを出発しました。


アメリカ新車販売 2か月ぶり前年実績上回る

アメリカの先月(11月)の新車の販売台数は、底堅い個人消費に支えられて2か月ぶりに前の年の実績を上回り、年間の販売台数では過去最高だった去年に迫る高い水準を維持しそうです。


北朝鮮「火星15型」の発射祝賀大会

北朝鮮は、ICBM=大陸間弾道ミサイル級の「火星15型」を初めて発射したことを祝う大会を開き、「アメリカが核戦争の暗雲をもたらすならば、アメリカという土地を地球上から消し去る」と威嚇して、トランプ政権への対決姿勢を強調しました。


トランプ大統領 エルサレムをイスラエルの首都に 米報道

アメリカのメディアは、トランプ大統領が、中東のエルサレムについて、来週にもイスラエルの首都として認めることを検討していると伝えました。仮に首都と認めればパレスチナやイスラム諸国が反発するのは確実で、トランプ大統領の判断が注目されます。


ミサイル発射の警報サイレン ハワイで運用開始

北朝鮮がアメリカを射程に入れたミサイルの開発を続ける中、アメリカ・ハワイ州は、ミサイルがハワイに向けて発射された際に住民らに避難を促す警報サイレンの運用を始め、1日、初めての訓練が行われました。


トランプ大統領の娘婿の指示でロシア側と接触か

去年のアメリカ大統領選挙でのいわゆる「ロシア疑惑」をめぐる一連の捜査で、トランプ大統領の元側近が捜査当局との司法取引に応じ、政権発足前、ロシア側と接触し、外交問題で要請していたことを認めました。アメリカのメディアは要請を指示したのはトランプ大統領の娘婿のクシュナー氏だったと報じ、今後、どこまで捜査が広がるかに関心が集まっています。


米 ビットコインの先物取引開始へ

アメリカの先物取引所を運営するCMEグループは、インターネット上の仮想通貨 ビットコインの先物の取り引きを今月18日に始めると発表し、今後、アメリカで仮想通貨の取り引きが活発化し、市場が拡大する可能性が出ています。


米国際貿易委 中国の木材製品に制裁関税

アメリカの国際貿易委員会は、中国から輸入されている木材製品が不当に安く売られ、アメリカ企業が損害を受けていると認定し、反ダンピング関税などが課されることになりました。トランプ政権は、中国との貿易不均衡を是正するため、こうした制裁関税を引き続き積極的に活用していくとしています。


日本が国連安保理の議長国に 対北朝鮮で手腕問われる

日本の別所国連大使は国連の安全保障理事会の議長を務める今月、北朝鮮の核・ミサイル開発と、人権問題を話し合う会合をそれぞれ開く方針を明らかにし、安保理が北朝鮮問題でどこまで結束を示すことができるのか、議長国として手腕が問われることになります。


クルド人勢力がシリアで議会選挙 新たな火種に

内戦が続くシリアで過激派組織IS=イスラミックステートとの戦いで存在感を示してきたクルド人勢力が、支配地域にある町などで一斉に議会選挙を行い、実効支配を強める動きを見せていて、新たな火種になることが懸念されています。


トランプ大統領 国務長官更迭は「フェイクニュース」

アメリカのトランプ大統領はティラーソン国務長官の更迭が検討されているとする報道について、「フェイクニュースだ」と否定し、長官と意見の違いもあるものの協力していくと強調しました。


ロシア議員団「北朝鮮は対話に応じる用意ある」

北朝鮮を訪問していたロシア議会下院の超党派の議員団が1日に帰国し、北朝鮮はロシアの仲介の下で対話に応じる用意はあるという認識を示し、ロシアの役割を強調しました。


習国家主席とスー・チー氏が会談 両国の接近鮮明に

中国の習近平国家主席はミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問と北京で会談し、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」の推進も念頭に関係の強化で一致し、ミャンマーがロヒンギャをめぐる人権問題で国際社会の批判を浴びる中、両国の接近が鮮明になっています。


中国 上海で日本映画紹介 橋本愛さんら登場

日本の映画への関心が高まっている中国の上海で、特別ゲストとして女優の橋本愛さんが参加し、新作の日本映画を紹介する催しが開かれ、大勢の映画ファンでにぎわいました。


中国 高層ビル火災で10人死亡 地元政府が謝罪

中国の天津で1日、高層ビルで火事が起きて10人が死亡し、建物の消防設備の不備などが被害の拡大を招いたとの見方が出る中、地元政府の幹部は指導が十分に行われていなかったとして謝罪しました。


ロシア疑惑 フリン前大統領補佐官を訴追 FBI

去年のアメリカ大統領選挙でのいわゆる「ロシア疑惑」をめぐる一連の捜査で、フリン前大統領補佐官がFBI=連邦捜査局に虚偽の説明をしていたとして訴追されました。フリン氏は裁判所に出廷し虚偽の説明をしていたことを認め、捜査に全面的に協力する意向を示していて、疑惑の全容解明につながるのか注目されます。


中国の大手国有自動車3社が提携 国際競争力UP狙う

中国の大手国有自動車メーカー3社は、研究開発や海外進出など幅広い分野で提携することで合意し、世界的に次世代自動車の開発や販売をめぐる競争が激しくなる中、国際的な競争力を引き上げる狙いがあるものと見られます。


NYダウ平均 一時350ドル値下がり

1日のニューヨーク株式市場はトランプ陣営とロシアの関係をめぐる、いわゆる「ロシア疑惑」の捜査でフリン前大統領補佐官が訴追されたことを受けて、政権運営に影響が及ぶという見方から売り注文が膨らみ、ダウ平均株価は一時、350ドル値下がりしました。


習主席 中国共産党と各国政党との協力呼びかけ

中国は世界各国の政党の代表らを招いた大規模な会議を開催し、習近平国家主席が「立場の違いを認めながらともに歩もう」と中国共産党との協力を呼びかけ、各国の政党間の交流を主導することで、国際的な影響力を強化したい狙いがあるものと見られます。


ローマ法王がロヒンギャと面会 問題解決呼びかけ

バングラデシュを訪れているローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、隣国ミャンマーから逃れている少数派のロヒンギャの人たちと面会したうえで、宗教や民族の違いを乗り越えて問題の解決に当たるよう呼びかけました。


韓国軍 「斬首部隊」を創設 ターゲットはキム委員長など

韓国国防省は、朝鮮半島有事の際に、北朝鮮の指導部に対する攻撃、いわゆる「斬首作戦」を担う、特殊任務旅団が1日、創設されたことを明らかにしました。


台湾 P3C哨戒機導入 中国潜水艦など監視強化

中国が海洋進出を活発化させる中、台湾は周辺海域の監視を強化するため、アメリカから哨戒機を導入して新たな部隊を発足させ、蔡英文総統は、中国の潜水艦などへの監視活動を強める考えを示しました。


豪で世界最大規模の蓄電施設が稼働

風力発電などの活用が進むオーストラリア南部で、世界最大規模の蓄電施設が1日から稼働を始め、再生可能エネルギーで課題となっている電力の安定供給にどこまでつながるかが注目されます。


大型サイクロン インドとスリランカで被害広がる

インド南部では、大型サイクロンが接近している影響で大雨と強風が続き、インドと隣国スリランカでこれまでに15人が死亡、150人以上が行方不明となるなど被害が広がっています。


サッカーW杯 開幕戦のスタジアム公開

サッカーワールドカップロシア大会の組み合わせ抽選会が日本時間2日未明に行われるのを前に、モスクワでは開幕戦や決勝などの舞台となるスタジアムが報道陣に公開されました。


河野外相 中国駐日大使に北朝鮮への圧力強化で協力求める

河野外務大臣は1日午後、中国の程永華駐日大使と会談し、29日の弾道ミサイルの発射で、北朝鮮に核・ミサイル開発を自制する意思がないことが明らかになったとして、一層の圧力強化に取り組むため中国側の協力を求めました。


日馬富士暴行問題 旭鷲山が貴ノ岩を心配

大相撲の元横綱・日馬富士の暴行問題で、30日、日本相撲協会の危機管理委員会が中間報告を公表したことについて、モンゴル出身の元小結・旭鷲山は会見で「貴ノ岩がどうなっていくのか心配だ」などと述べました。


天皇陛下 退位日程固まる 海外メディアも速報

天皇陛下が退位される日程が固まったことについて、海外のメディアはNHKの報道を引用するなどして速報で伝えています。


ドンキがアジアに初進出 中間層市場を開拓へ

ディスカウントストアを展開する「ドンキホーテ ホールディングス」が、シンガポールにアジアへの進出として初めてとなる店舗をオープンし、海外では価格が高い日本の製品を低価格で販売して、中間層をターゲットに新たな市場の開拓を進めたいとしています。


中国「独身の日」セール 商品8割近くで値引きウソ

中国で「独身の日」と呼ばれる11月11日にインターネット通販の各社が行ったセールについて、セールの直前に価格をいったん値上げすることで大幅な値引きに見せかけるなど、商品の8割近くが本当の安売りではなかったという報告がまとまりました。


日米韓 北朝鮮の核・ミサイル放棄に向け協力を確認

北朝鮮によるICBM=大陸間弾道ミサイル級のミサイルの発射を受けて、日米韓3か国の防衛当局の実務者がテレビ会議を行い、ミサイルの発射を強く非難したうえで、北朝鮮に最大限の圧力をかけるため引き続き協力していくことを確認しました。


北朝鮮ミサイル ワシントンに到達可能と分析 韓国国防省

韓国国防省は、北朝鮮が先月29日に発射した弾道ミサイルについて、大型化してエンジンも強化されたことで、射程が最大で1万3000キロを超え、ワシントンまで到達し得る新型のICBM=大陸間弾道ミサイル級だとする分析を明らかにしました。


北朝鮮ミサイル 核搭載し全米到達能力の可能性 米研究グループ

北朝鮮の軍事動向を分析しているアメリカの研究グループは、北朝鮮が先月29日に発射した弾道ミサイルについて、大型化してエンジンが増えたことなどで、核爆弾を搭載して全米に到達する能力を得た可能性があるという分析結果を明らかにしました。


ホワイトハウス前のクリスマスツリー点灯 トランプ大統領も祝う

アメリカ、ホワイトハウス前の広場で伝統のクリスマスツリーの点灯式が行われ、トランプ大統領も参加してクリスマスシーズンの到来を祝いました。


米 クラスター爆弾の使用を継続 改良型の開発間に合わず

残虐な兵器として使用を禁止する国際条約があるクラスター爆弾について、アメリカ国防総省は再来年以降、民間人に及ぼす危険性を小さくした改良型のクラスター爆弾に切り替える方針でしたが、開発が間に合わないとして、いま使われているタイプの使用を認めることを決めました。


独 メルケル首相 社民党党首と会談 大連立政権へ交渉か

ドイツのメルケル首相は、4期目の政権樹立へ向けた連立交渉が先月決裂したのを受けて、新たに第2党の社会民主党のシュルツ党首と会談し、大連立政権の樹立を目指して交渉に入るよう求めたものと見られます。


ノーベル平和賞授賞式 核保有の米英仏大使出席せず

今月、ノルウェーで行われるノーベル平和賞の授賞式に核保有国のアメリカ、イギリス、フランスの大使が出席しないことがわかり、核兵器の開発や保有などを法的に禁止する条約を推進してきた「ICAN」(アイキャン)=「核兵器廃絶国際キャンペーン」の受賞に抗議する姿勢を示すものと見られています。


NY原油市場 OPEC減産延長も小幅な値動き

30日のニューヨーク原油市場は、OPEC=石油輸出国機構の加盟国とロシアなど非加盟の産油国が協調して行っている減産を延長することで合意したのは事前の予想通りだとして、原油の先物価格は小幅な値動きとなっています。


フランス 日本人女子大学生不明から1年

フランス東部に留学中の日本人の女子大学生の行方がわからなくなってから今月4日で1年になります。フランスの捜査当局は、これまでに女子大学生の発見につながる手がかりは見つかっていないとしたうえで、南米チリに帰国した元交際相手の男の引き渡しを来年には実現し、事件を解明したい考えです。


ロシア外相 米が北朝鮮を追い詰めていると厳しく非難

北朝鮮が新型のICBM=大陸間弾道ミサイルと主張する「火星15型」を発射したことを受けて、アメリカが各国に北朝鮮とのあらゆる関係を断つよう呼びかけたのに対し、ロシアのラブロフ外相は、「北朝鮮を壊滅させる口実を見つけたいのならば、はっきりそう言えばよい」と述べ、アメリカが北朝鮮を追い詰めているとして厳しく非難しました。


OPEC 協調減産 来年末まで延長で合意

原油価格が再び値崩れするのを防ごうと、OPEC=石油輸出国機構の加盟国とロシアなど非加盟の産油国は、ことし1月から協調して行っている減産を来年末まで延長することで合意しました。


中国特使訪朝もミサイル発射 米大統領 不満のツイートか

アメリカのトランプ大統領は、みずからのツイッターに、「北朝鮮から戻った中国の特使は小さなロケットマンには影響を与えなかったようだ」と書き込み、先に中国の習近平国家主席の特使が訪朝したにもかかわらず、新たな弾道ミサイルが発射されたことに不満を示し、中国にいっそうの対応を迫る狙いがあると見られます。


米国務長官の更迭を検討か 複数の主要メディア伝える

アメリカの複数の主要メディアは、ホワイトハウスが、トランプ大統領との間で外交政策をめぐって意見の食い違いが指摘されてきたティラーソン国務長官の更迭を検討していると伝え、その去就に改めて関心が集まっています。


習主席 オバマ氏と会談し米中関係重視を強調

中国の習近平国家主席は、アメリカのオバマ前大統領と北京で会談し、オバマ氏が大統領在任中に両国の関係発展のために努力を尽くしたと評価したうえで、アメリカとの関係を長期にわたって重視する姿勢を強調しました。


ローマ法王 ロヒンギャへの支援を国際社会に呼びかけ

バングラデシュを訪れているローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、隣国ミャンマーから少数派のロヒンギャの人たちが避難を余儀なくされている問題について、国際社会に対し、政治的な問題の解決とともに、避難民への物資の支援を急ぐよう求めました。


ローマ法王 ロヒンギャ避難のバングラデシュに到着

ミャンマーを訪れていたローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、次の訪問地、バングラデシュに到着し、隣国ミャンマーからの避難を余儀なくされている少数派のロヒンギャの人たちの支援に向けて、どのようなメッセージを伝えるのか注目されています。


コロンビア 和平合意から1年

南米コロンビアで半世紀以上続いた内戦を終結させるため、政府と反政府ゲリラ組織がまとめた和平合意から30日で1年となり、和平プロセスの進展も見られる一方、元ゲリラ戦闘員の社会復帰に向けた取り組みが難航するなど、和平の実現にはう余曲折も予想されます。


国連軍縮会議が閉幕 広島

核兵器のない世界の実現を目指し、広島市で開かれていた国連軍縮会議は2日間の議論を終えました。国連の軍縮部門トップの中満泉事務次長は「すぐに答えは出せないが課題を乗り越えることは可能だ」と会議を総括し、今回の議論も踏まえて、各国の政府などへの働きかけを進めていく考えを示しました。


ASEAN前事務局長 スリン氏死去

ASEAN=東南アジア諸国連合の事務局長として、ASEANの経済統合の進展などに尽力したスリン・ピツワン氏が、30日、心不全のため亡くなりました。68歳でした。


中国 米が求める北朝鮮向け原油供給停止に慎重姿勢

北朝鮮が29日弾道ミサイルを発射したことを受けて、アメリカのトランプ大統領が中国の習近平国家主席に求めた北朝鮮への原油の供給停止について、中国外務省の報道官は、30日の記者会見で、「対話と交渉による問題解決に役立てるという精神に基づいて取り組む」などと述べるにとどまり、慎重な姿勢を改めて示しました。


中国駐日大使「日中関係は改善の勢い定着」

中国の程永華駐日大使は、30日、都内で講演し、日中関係について「ことしの春ごろから改善の勢いが定着してきたように感じる」と述べて、改善傾向が着実に進みつつあるという認識を示しました。


モンゴルの新聞各紙 日馬富士引退を大きく扱う

大相撲の元横綱、日馬富士が同じモンゴル出身で平幕の貴ノ岩に暴行した問題の責任を取って現役を引退したことについて、30日朝のモンゴルの新聞は、日馬富士が深々と頭を下げる写真などを載せて大きく扱い、注目が高まっています。


北朝鮮 「火星15型」発射映像を公開

北朝鮮は、「アメリカ本土全域を攻撃できる新型のICBM=大陸間弾道ミサイル」と主張する「火星15型」を29日に初めて発射した際の映像を公開し、アメリカ本土を射程に収めるICBMが完成に近づいているとアピールし、圧力を強めるトランプ政権を強くけん制する狙いがあるものと見られます。


タイ邦人女性殺害から10年 遺族が早期解決を要請

10年前、タイ北部の観光地で大阪の当時27歳の女性が殺害され、未解決となっている事件で、遺族らが30日、タイの捜査当局のトップに面会して事件の早期解決を求めました。


秋田 由利本荘に木造船漂着から1週間 北朝鮮への帰国を希望

北朝鮮から木造船で来たと見られる男性8人が秋田県由利本荘市に漂着してから、30日で1週間になります。警察に保護されている8人は北朝鮮に帰ることを希望していて、身元や詳しいいきさつの確認が進められています。


福島の復興紹介する催しに大きな反響 台湾

台湾では、東京電力福島第一原発の事故のあと6年以上がたった今も福島県などの食品に対する輸入規制が続いていますが、復興に向けた福島の人々の取り組みを理解してもらおうという催しが開かれ、入場者が1万人を突破するなど大きな反響を呼んでいます。


日本人犠牲のニュージーランド地震 ビル倒壊の立件見送り

6年前、ニュージーランド南部で起きた地震で語学学校のビルが倒壊し、日本人28人を含む100人以上が死亡したことを受けて、現地の警察は捜査を進めてきましたが、ビルの設計担当者などの刑事責任を問うには十分な証拠が得られなかったとして、立件を見送ることを明らかにしました。


在日米軍 飲酒事故後の飲酒制限を緩和

在日アメリカ軍司令部は、今月中旬に沖縄県で海兵隊員が飲酒運転をして死亡事故を起こしたとして逮捕されたことを受けて、国内すべての兵士に対して出していた飲酒を禁止する制限を30日から緩和し、基地内などに限定して飲酒を認めることになりました。


トランプ大統領 反イスラム動画拡散で批判受け反論

アメリカのトランプ大統領がみずからのツイッターでイスラム教徒が暴力的だとする内容の動画をリツイートし、世界中に広めたことについて、イギリスのメイ首相の報道官は「間違っている」と批判しました。これに対し、トランプ大統領はメイ首相に向けて「イギリス国内で起きるイスラムテロに集中してくれ」と皮肉まじりに反論し波紋が広がっています。


国際海事機関 北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難

ロンドンで開かれたIMO=国際海事機関の総会で、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮への対応が審議され、ミサイルの発射は船舶の安全に重大な影響を及ぼしているとして強く非難するとともに、北朝鮮に対し国際的なルールを順守するよう求めていくことが承認されました。


韓国 政策金利6年5か月ぶり引き上げ 1.5%に

韓国の中央銀行は、国内経済の回復基調が続いていくとして、過去最低となっていた政策金利を6年5か月ぶりに引き上げて1.5%としました。


ニューヨーク 巨大クリスマスツリーが点灯

アメリカ ニューヨークの冬の風物詩となっている巨大なクリスマスツリーの点灯式が29日に行われ、色とりどりのLEDの電球が一斉にともされると、詰めかけた大勢の人たちから大きな歓声と拍手がわき起こりました。


「新型のICBM級の弾道ミサイル」官房長官

菅官房長官は午前の記者会見で、北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルについて、弾頭の先端が丸みを帯びた形状であることなどから、ことし7月に発射されたICBM=大陸間弾道ミサイル級のものとは異なる新型と見ていることを明らかにしました。


北朝鮮 ミサイル発射の際の写真公開

北朝鮮は、「アメリカ本土全域を攻撃できる新型のICBM=大陸間弾道ミサイル『火星15型』の発射実験に成功した」と発表したのに続いて、発射の際の写真を公開し、「アメリカとその追従勢力の制裁圧迫を打ち砕く」として、核・ミサイル開発をさらに推し進める姿勢を強調しました。


国連安保理 米と中ロの立場の違い際立つ

北朝鮮がアメリカ本土を射程に入れる可能性も指摘される弾道ミサイルを発射したことを受けて、国連の安全保障理事会で緊急の会合が開かれ、アメリカがすべての国連加盟国に対し北朝鮮とのあらゆる関係を断つよう呼びかけたのに対して、中国とロシアは北朝鮮の人道状況を考慮すべきなどと主張し、双方の立場の違いが際立つ形となりました。


ロサンゼルスでモーターショー開幕 電気自動車相次いで発表

アメリカのロサンゼルスでモーターショーが始まり、世界でも環境規制が特に厳しいカリフォルニア州の消費者を意識した電気自動車が相次いで発表されています。


「新型ICBM級の弾道ミサイルと考えられる」防衛相

小野寺防衛大臣は、参議院予算委員会で、「けさ北朝鮮が発射実験についてのさまざまな報道を行った。飛しょう距離や高度、北朝鮮が新型の『火星15型』と公表したこと、これまでに見られたことのない移動式の発射台に搭載された様子が確認できることなどを踏まえれば、ことし7月に2度発射されたICBM=大陸間弾道ミサイル級の弾道ミサイルとは異なる、新型のICBM級の弾道ミサイルだったと考えられる」と述べました。


米 相次ぐセクハラ告発 NBCテレビの朝の顔も解雇

アメリカでは政治家や著名人によるセクハラ行為が次々と明らかになっていますが、今度は朝のニュース番組を20年間担当してきた著名なキャスターがセクハラ行為で解雇され、波紋が広がっています。


旧ユーゴ法廷で被告が毒薬飲み死亡 判決に抗議の自殺か

1990年代に起きた旧ユーゴスラビアの民族紛争で、戦争犯罪などの罪に問われたクロアチア人勢力の幹部が、法廷で、毒薬とされる液体を飲み、その後、死亡しました。判決に抗議するため自殺したと見られています。


ミサイルは全米射程も核弾頭の小型化には疑問 米研究グループ

北朝鮮の核・ミサイル開発の分析を続けているアメリカのジョンズ・ホプキンス大学の研究グループは、北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルについて初期の分析結果を発表し、通常の角度で発射すれば飛距離は1万3000キロとなり、全米を射程に収める可能性があると指摘しました。


EU離脱交渉 イギリスの分担金6〜7兆円規模 英メディア

イギリスのEU=ヨーロッパ連合からの離脱交渉で懸案となっているイギリスが支払う分担金の額について、メディアは、6兆円から7兆円の規模とすることで両者が折り合ったと伝え、難航する交渉が進展するかどうか注目されます。


FRBイエレン議長 トランプ政権の経済政策に注文

アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会のイエレン議長は、議会の公聴会で、トランプ政権の税制改革や貿易政策について否定的な意見を述べ、現役のFRB議長が政権の経済政策に注文をつける形となりました。


トランプ大統領「小さなロケットマン。彼は病的だ」

アメリカのトランプ大統領は29日、中西部ミズーリ州で行った演説の中で、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長を念頭に、「小さなロケットマン。彼は病的だ」と述べ、批判しました。また「北朝鮮であろうと誰であろうと、われわれは国を守る」と述べ、アメリカ軍を強化し自国を防衛する考えを強調しました。


アメリカ国連大使「北朝鮮とのあらゆる関係断つこと求める」

北朝鮮がアメリカ本土を射程に入れる可能性も指摘される弾道ミサイルを発射したことを受けて、国連の安全保障理事会で緊急の会合が開かれ、アメリカのヘイリー国連大使はすべての国に対して北朝鮮とのあらゆる関係を断つよう呼びかけました。


ハマス ガザ地区の行政権限返還期限の延期を発表

中東のパレススチナで、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスは武装解除などをめぐり暫定自治政府側との和解協議が難航する中、来月1日に迫っていたガザ地区の行政権限を返還する期限を来月10日まで延期すると発表しました。


トランプ大統領 イスラム教徒批判の動画リツイート 批判相次ぐ

アメリカのトランプ大統領がみずからのツイッターでイスラム教徒が暴力的だとする内容の動画をリツイートし、これに対して「イスラム教徒への誤解や憎悪を助長するものだ」と批判が相次いでいます。


シリア和平協議 アサド政権と反政府の対立解消されず

シリアの内戦の終結に向けてスイスのジュネーブで始まった和平協議で、アサド政権と、仲介に当たる国連との1回目の会談が行われましたが、政権側はアサド大統領の処遇について議論すること自体を拒んでいると伝えられ、反政府勢力側との対立が解消されるめどは立っていません。


国連安保理緊急会合始まる 対北朝鮮で結束問われる

北朝鮮がアメリカ本土を射程に入れる可能性も指摘される弾道ミサイルを発射したことを受けて、国連の安全保障理事会では緊急の会合が始まりました。北朝鮮による核・ミサイル開発に歯止めをかけるため、国際社会の結束が改めて問われています。


北朝鮮「火星15型」発射の際の写真公開

北朝鮮は29日、「アメリカ本土全域を攻撃できる新型のICBM=大陸間弾道ミサイル、『火星15型』の発射実験に成功した」と発表したのに続いて、30日朝、国営メディアを通じて、発射の際の写真を公開し、アメリカ本土を射程に収めるICBMが完成に近づいているとアピールする狙いがあると見られます。


北朝鮮キム委員長の側近 ロシア議会下院の議員団と会談

北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の側近で、党で国際関係を統括するリ・スヨン副委員長が、ピョンヤン(平壌)を訪問しているロシア議会下院の超党派の議員団と会談したと29日夜、伝えました。


FRB報告 米経済緩やかに拡大 12月追加利上げ後押し

アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は、最新の経済報告で、アメリカ経済は雇用の伸びが加速して緩やかに拡大していると指摘し、来月の会合での追加の利上げの判断を後押しする内容となっています。


NYダウ 2日連続で最高値更新

29日のニューヨーク株式市場は、アメリカのGDP=国内総生産が上方修正されたことなどを材料に買い注文が広がり、ダウ平均株価は2日連続で最高値を更新しました。


金井宇宙飛行士 最終試験に合格 来月 宇宙での長期滞在へ

日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんがロシアの訓練施設で行われた最終試験に合格し、来月17日、ロシアの宇宙船「ソユーズ」で宇宙に向かい、国際宇宙ステーションでの長期滞在に臨むことになりました。


パキスタン イスラム教少数派の宗教施設でテロ事件

パキスタンの首都イスラマバードで29日夜、イスラム教の少数派シーア派の宗教施設が銃撃されて1人が死亡するテロ事件があり、宗派間の対立を招きかねないという懸念も出ています。


政府 北朝鮮発射ミサイル 米全土射程の新型ICBMとの見方

政府は、北朝鮮が、29日発射した弾道ミサイルについて、アメリカ全土やロシア、ヨーロッパも射程に入る新型のICBM=大陸間弾道ミサイルとの見方を強めていて、国連安保理決議の完全な履行など、一層の圧力強化を各国に呼びかけていく方針です。


トランプ大統領 中国の習国家主席に“あらゆる手段駆使を”

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮の弾道ミサイルの発射を受けて中国の習近平国家主席と電話で会談し、経済面を中心に北朝鮮と強い結びつきを持つ中国が、北朝鮮がさらなる挑発を思いとどまるようあらゆる手段を駆使する必要があると伝えました。


イランで学校を対象に大地震想定の避難訓練

今月イラクとの国境付近で起きた地震により500人以上が亡くなったイランで29日、学校を対象とした大地震を想定した避難訓練が行われ、生徒たちが避難の手順などを確認しました。


米7〜9月のGDP改訂値 プラス3.3%に上方修正

アメリカのことし7月から9月までのGDP=国内総生産の改訂値が発表され、年率に換算した実質の成長率はプラス3.3%と、速報値の段階から0.3ポイント上方修正され、アメリカ経済の力強い成長を示す結果となりました。


中国で有罪判決 台湾の人権活動家 妻が「夫に関心を」

インターネット上で、中国政府の批判を繰り返したなどとして国家を転覆しようとした罪に問われ、28日中国で懲役5年の有罪判決を受けた台湾の人権活動家の妻が、台湾で報道陣を前に「世界中の人が、これからも夫のことを忘れず、関心を持ち続けてほしい」と訴えました。


日本とイスラエル 経済関係深化へ官民の協議会初会合

日本と中東のイスラエルは、両国の経済関係を深めようと官民でつくる協議会の初会合を、29日開き今後企業どうしの連携や投資の拡大を進めていくことになりました。


ローマ法王 ロヒンギャ問題などで協力の考え

ミャンマーを訪れているローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、ミャンマー国民の9割を占める仏教徒の指導者と会談し、「皆さんとともにミャンマーに平和と癒やしの種をまいていきたい」と述べて、少数派のロヒンギャの人たちの人権問題などをめぐる対立の解消に向けて協力したいという考えを強調しました。


ロシア 北朝鮮を厳しく非難 米などには自制求める

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについて、ロシア大統領府のペスコフ報道官は29日、記者団に対し、「挑発行為だ。緊張を高め、危機的な状況の解決を遠ざけるものだ」と述べ、厳しく非難しました。そのうえで、ペスコフ報道官は「朝鮮半島の情勢が最悪のシナリオに向かわないよう、すべての関係国が冷静さを保つことを願う」と述べ、アメリカや韓国、日本に対し、自制を求めました。


韓国 キンポ空港で出火 ダイヤに乱れ

29日午後、韓国のソウル近郊にあるキンポ(金浦)空港の国際線ターミナルで火が出て、けが人などはいませんでしたが、ダイヤに乱れが出ています。


「ESG投資が世界の主流に」環境NGOトップ強調

世界各地の大手企業の環境対策を調査し、ランクづけを行っている国際的なNGOのトップは、NHKとのインタビューで環境対策などに積極的な企業に投資する「ESG投資」について「世界の主流になる段階に来ている」と強調し、日本企業に対しても経営戦略として環境対策を推し進めるよう呼びかけました。


タイのモーターショー30日開幕 エコカー競争本格化へ

東南アジアの自動車産業の集積地、タイで、30日から始まるモーターショーの展示内容が報道陣に公開され、世界的に電気自動車の存在感が高まる中、ガソリン車などが主流のタイでも、電動化の技術を導入したエコカーの発表が相次いでいます。


首相 韓国大統領と電話会談 北朝鮮への圧力強化で一致

安倍総理大臣は北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と電話で会談し、中国の役割が重要だという認識を共有したうえで、日米韓3か国で北朝鮮に対する一層の圧力強化に取り組んでいくことで一致しました。


韓国情報機関 発射ミサイルは「火星14型」改良か

北朝鮮が29日朝早く発射した弾道ミサイルについて、韓国の情報機関は北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルだと主張する「火星14型」を改良したもので、これまでで最も進んだICBM級のミサイルの可能性があるとの見方を示しました。


中国報道官「ミサイル発射 重大な懸念と反対を表明」

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについて、中国外務省の耿爽報道官は29日の記者会見で、「中国は北朝鮮のミサイル発射に関する活動について重大な懸念と反対を表明し、北朝鮮に対し、国連の安保理決議を順守し、朝鮮半島の緊張を高める行動を停止するよう強く促す」と批判しました。


河野外相 米韓外相と電話会談 各国に制裁決議履行求める

河野外務大臣は北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて、アメリカのティラーソン国務長官、韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相と相次いで電話で会談し、今は圧力を強化する局面だとして、国連安保理決議の完全な履行を各国に呼びかけていくことを確認しました。


火山噴火のバリ島 航空機の運航再開

54年ぶりに噴火した火山の影響で、27日から閉鎖されていたインドネシアのバリ島の国際空港について、インドネシア政府は、風向きが変わり火山灰の空港への影響が軽減されたとして、航空機の運航を再開しました。


海上自衛隊元海将「米本土に届くICBMか」

北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルについて、海上自衛隊で司令官を務めた元海将は、高度や飛行時間などから射程が8000キロから1万キロで、アメリカ本土にも届くICBM=大陸間弾道ミサイルだという見方を示しています。


北朝鮮が弾道ミサイル発射 ICBM級か 防衛省分析進める

29日朝早く、北朝鮮から発射された弾道ミサイルは高度が4000キロを大きく超え、これまでで最も高くまで飛行したと推定されています。防衛省は収集した飛行のデータを基に最大射程を計算するなど、能力の分析を進めています。


沖縄 米軍嘉手納基地に電子偵察機 北朝鮮警戒か

沖縄のアメリカ軍嘉手納基地に弾道ミサイルを追跡する能力がある特殊な偵察機が着陸したことが確認され、29日朝のミサイル発射などを受けて、北朝鮮の動向を警戒していると見られています。


ローマ法王 ミャンマーで困難乗り越えるよう呼びかけ

ミャンマーを訪れているローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、最大都市ヤンゴンで大規模なミサを行い、少数派のロヒンギャの人たちが隣国への避難を余儀なくされている中、民族の垣根を越えて思いやりの心で困難を乗り越えるよう呼びかけました。


北朝鮮 重大報道で「『火星15型』の発射実験に成功」

北朝鮮は29日朝早く、日本海に向けて発射した弾道ミサイルについて、29日午後、国営テレビの「重大報道」として政府声明を出し、「キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、アメリカ本土全域を攻撃できる新型のICBM=大陸間弾道ミサイル、『火星15型』の発射実験に成功した」と発表しました。


サウジ政府 拘束の王子釈放 粛清との指摘回避狙いか

中東のサウジアラビアで王族らが汚職の疑いなどで次々と拘束された事件で、欧米の複数のメディアは、事件を主導しているムハンマド皇太子の抵抗勢力と指摘されてきた王子が、不正に関わったことを認めたうえで1000億円以上の資産の没収に応じ、釈放されたと伝えました。


米大統領 ミサイル発射で民主党に米軍予算への協力訴え

アメリカで政府の予算案をめぐって、野党・民主党が反発しトランプ大統領との会合を欠席する一方、トランプ大統領は北朝鮮のミサイル発射を踏まえ民主党もアメリカ軍などへの予算措置に協力すべきだと訴えました。


国連軍縮会議 被爆地の広島で開幕

核兵器のない世界の実現を目指し、各国の政府関係者や有識者が議論する国連軍縮会議が被爆地・広島で始まり、国連の軍縮部門トップの中満泉事務次長が核兵器の廃絶に向け信念を持って進んでいくことが重要だと訴えました。


首相 日米共同訓練「北朝鮮に同盟の絆示した」

国会は、参議院予算委員会で質疑が始まり、安倍総理大臣は、先に行われた海上自衛隊とアメリカ軍の空母3隻の共同訓練について、北朝鮮に対し日本に危害を加えれば日米が共同で対処することなどの同盟の絆を明確に示したものだと意義を強調しました。


別所国連大使「北朝鮮の核開発断念させる議論を」

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、国連の安全保障理事会は日本時間の30日朝、緊急の会合を開催する見通しとなり、日本の別所国連大使は、これまでの制裁決議を着実に履行するとともに、北朝鮮の核開発を断念させるためにはどういう方法が最も効果的か、各国と話し合っていく考えを示しました。


米 北朝鮮への物資や資金調達阻止の措置を訴え

アメリカのトランプ政権は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、各国に対して北朝鮮の核・ミサイル開発につながる物資や資金の調達を阻止するためにさらなる措置を取るよう訴えました。


カナダ首相 性的マイノリティーへの対応で公式に謝罪

カナダのトルドー首相は、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちが過去、軍や警察などから解雇されていたことなどについて、政府として初めて公式に謝罪しました。


北朝鮮国営メディア 午後0時半から重大報道を予告

北朝鮮の国営メディアは、日本時間の29日午後0時半から「重大報道」を行うと、予告しました。内容は明らかにしていませんが、北朝鮮が29日朝早く西部から日本海に向けて発射し、日本の排他的経済水域内に落下したと見られる弾道ミサイルに関する発表の可能性があります。


韓国軍 北朝鮮発射のミサイル「火星14型か」

北朝鮮が日本海に向けて発射した弾道ミサイルについて、韓国軍の関係者は、北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルだと主張する液体燃料を使った2段式の「火星14型」だと見ていることを明らかにしました。一方、北朝鮮の国営メディアは、日本時間の29日午後0時半から「重大報道」を行うと、さきほど予告しました。


自公 北朝鮮への非難決議で野党側と協議へ

自民・公明両党の幹事長らが会談し、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、国会としての意思を示す必要があるとして、衆議院本会議で北朝鮮に対する非難決議を行う方針で合意し、野党側と協議を進めていくことになりました。


外相 来月の安保理会合に議長として出席 北朝鮮問題議論へ

河野外務大臣は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射について、北朝鮮に自制する意図がないことが明確になったとしたうえで、日本が国連安保理の議長国を務める来月、安保理の会合に議長として出席し、北朝鮮問題をテーマに議論を行う意向を示しました。


防衛相 さまざまな場所で発射実験か

小野寺防衛大臣は閣議のあと記者団に対し、弾道ミサイルが北朝鮮西部のピョンソン(平城)付近から発射されたのは今回が初めてだとしたうえで「首都ピョンヤンに近い場所だが、さまざまな場所で発射する実験も行っているのではないか」と述べました。


東京市場 ミサイル発射への懸念も株価値上がり

29日の東京株式市場は、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する懸念が広がっているものの、28日のニューヨーク市場で株価が上昇した流れを継いで多くの銘柄に買い注文が出て、株価は値上がりしています。


首相 平和的解決への意思踏みにじる暴挙

安倍総理大臣は、参議院予算委員会で、北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、国際社会の平和的解決への意思を踏みにじる暴挙で断じて容認できないとしたうえで、国際社会と連携して北朝鮮への圧力を最大限まで高める考えを強調しました。


中国海警局の船2隻が領海侵入 政府が対策室

政府は、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻が日本の領海に侵入したことが確認されたことから、29日午前9時すぎ、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「情報連絡室」を「官邸対策室」に切り替えて、情報収集と警戒監視にあたっています。


NYの自転車道で8人“殺害”の被告 無罪を主張

アメリカ・ニューヨークで先月、自転車用のレーンに車で突っ込み8人を殺害したなどとして、殺人や過激派組織IS=イスラミックステートを支援した罪などに問われている男の罪状認否が28日、連邦地方裁判所で行われ、男はすべての罪について無罪を主張しました。


韓国 ムン大統領「国際平和を脅かしている」

北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は午前6時からおよそ1時間、NSC=国家安全保障会議を開きました。


海自元海将「火星14型の公算が高い」

北朝鮮による今回の弾道ミサイルの発射について、海上自衛隊で自衛艦隊司令官を務めた元海将の香田洋二さんは次のように指摘しています。


日米韓 安保理緊急会合を要請 日本時間30日開催で調整

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したのを受けて日本とアメリカ、韓国の3か国は国連の安全保障理事会に対して緊急の会合を要請し、日本時間の30日朝に会合を開く方向で調整が行われています。


シリア和平協議 反政府側の譲歩が焦点に

シリアで6年余りにわたって続く内戦の終結に向けた和平協議がスイスのジュネーブで始まり、ロシアなどの支援を受けたアサド政権側が軍事的に圧倒的な優位に立つ中、態度を軟化させている反政府勢力が譲歩に応じるか焦点となっています。


トランプ大統領「われわれは対処していく 非常に深刻な事態だ」

アメリカのトランプ大統領は北朝鮮によるミサイル発射について「この状況にわれわれは対処していく。非常に深刻な事態だととらえている」と述べ、北朝鮮に対する圧力を最大化するというアメリカの方針を継続していく考えを強調しました。


米国務長官が声明「発射を強く非難」 日韓などとの会合開催へ

アメリカ国務省のナウアート報道官は28日の記者会見で、北朝鮮の弾道ミサイルの発射を受けたティラーソン国務長官の声明を読み上げ、「アメリカは隣国や、地域、そして世界の安定に脅威を与える北朝鮮のICBMと見られる弾道ミサイルの発射を強く非難する」と述べ、発射を強く非難しました。


日米韓高官 北朝鮮の挑発行動 断じて容認できない

北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、外務省の金杉アジア大洋州局長は、アメリカ国務省のジョセフ・ユン特別代表、韓国外務省のイ・ドフン(李度勲)朝鮮半島平和交渉本部長と相次いで電話で協議しました。


米国防長官「どのミサイルよりも高く飛んだ アメリカを危険に」

アメリカのマティス国防長官はホワイトハウスでトランプ大統領との会合に出席し、記者団に対して「北朝鮮はICBM=大陸間弾道ミサイルを発射し、北朝鮮がこれまでに撃ったどのミサイルよりも高く飛んだ。北朝鮮によるミサイル開発は世界や地域の平和とアメリカを危険にさらす」と述べ、非難しました。


ウィーンの老舗ホテルに日本人制作のシャンデリア

ケーキのザッハトルテで知られるオーストリアの首都ウィーンの老舗ホテルのカフェに、日本人の照明デザイナーが制作したシャンデリアが飾られ、無数のクリスタルが作り出す美しい輝きが、多くの市民や観光客をひきつけています。


NY株価 1週間ぶりに最高値更新

28日のニューヨーク株式市場はアメリカの金融規制が緩和されることへの期待感などから、ダウ平均株価は250ドル以上値上がりして1週間ぶりに最高値を更新しました。


仏で開催 ジャポニスム2018の概要発表

日本とフランスの外交関係樹立160年を記念して、来年から再来年にかけてフランスで開かれるイベントの概要が発表され、歌舞伎など伝統芸能の公演や日本の花火師が参加した花火大会などが行われることになりました。


FRB パウエル理事 来月の利上げを示唆

アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会の次の議長に指名されたパウエル理事は、議会上院の公聴会で、金利を緩やかに引きあげる今のFRBの路線を引き継ぐ姿勢を示すとともに、来月の会合で追加の利上げを決める可能性を示唆しました。


喜多郎さんがグラミー賞ノミネート

アメリカ音楽界で最高の栄誉とされるグラミー賞の候補が発表され、世界的なシンセサイザー奏者 喜多郎さんが、四国の霊場の鐘の音をもとに制作したアルバムが、ニューエイジアルバム部門にノミネートされました。


英ハリー王子 来年5月に挙式と発表

イギリス王室は、婚約を発表したハリー王子とアメリカ人の女優メーガン・マークルさんの結婚式が、来年5月、ロンドン郊外のウィンザー城の礼拝堂で行われると発表しました。


EUが北朝鮮を非難 独自制裁の着実な履行を強調

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについて、EU=ヨーロッパ連合は声明を出し、「国連の安全保障理事会の制裁決議が定める義務をまたしても破るもので、受け入れられない」と強く非難しました。


国連 安保理各国 北朝鮮ミサイル発射を非難

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについて、国連の安全保障理事会では非難の声が上がっていて、安保理が迅速な対応をとるか注目されます。


北朝鮮が弾道ミサイル1発発射 高度約4500キロまで上昇 韓国軍

韓国軍の合同参謀本部は北朝鮮が29日午前3時すぎ、西部から東に向けて弾道ミサイル1発を発射し、高度およそ4500キロまで上昇したと発表しました。北朝鮮による弾道ミサイルの発射はおよそ2か月半ぶりで、韓国軍はアメリカ軍とともに、ミサイルの種類など詳しい情報の収集を急いでいます。


バリ島の国際空港 火山噴火の影響で閉鎖継続

今月54年ぶりに噴火した火山の影響で27日から閉鎖されているインドネシア・バリ島の国際空港について、インドネシア政府は、引き続き火山灰の影響を受けるおそれがあるとして、閉鎖を30日朝まで24時間延長することを決めました。


アメリカ本土に届くICBMの開発進める北朝鮮

北朝鮮は、射程がアメリカ本土に届く1万キロに達するICBM=大陸間弾道ミサイルの開発を進めてきました。


トランプ大統領 日本時間午前5時半ごろに発言予定

アメリカのトランプ大統領は、日本時間の午前5時半ごろにホワイトハウスで記者団に対し発言する予定で、北朝鮮によるミサイル発射に言及するのか注目されます。


米国防総省が声明「ミサイルはICBMだ」

アメリカ国防総省は28日、声明を発表し、初期の分析の結果、発射されたミサイルはICBM=大陸間弾道ミサイルだという見解を示しました。声明では、日本時間29日午前3時17分ごろ、北朝鮮からICBM1発が発射され、1000キロ飛しょうし、日本海の日本のEEZ=排他的経済水域の中に落下したとしています。国防総省はさらに詳しい分析を進めるとともに、日本と韓国を含む同盟国の防衛に確固として関与すると強調しています。


北朝鮮 2か月半ぶり弾道ミサイル発射 その狙いは?

北朝鮮としてはおよそ2か月半ぶりに弾道ミサイルの発射を強行することで、9年ぶりに北朝鮮をテロ支援国家に再指定するなど一段と圧力を強めるアメリカ・トランプ政権を強くけん制し、核・ミサイル開発に一層拍車をかける姿勢を印象づける狙いがあると見られます。


中国国営メディアも速報「北朝鮮が弾道ミサイル発射」

中国国営の新華社通信の英語版は、韓国メディアを引用する形で「北朝鮮が、弾道ミサイルを発射した」と速報しています。中国政府はこれまでのところ公式な反応を示していません。


防衛省 弾道ミサイル約50分飛しょう EEZ内に落下と推定

防衛省は29日午前3時18分ごろ、北朝鮮西岸より弾道ミサイルが日本海に向けて発射され、50分程度飛しょうした後、日本海のわが国のEEZ=排他的経済水域内に落下したと推定されると発表しました。


米ホワイトハウス報道官「大統領は報告を受けた」

アメリカ・ホワイトハウスのサンダース報道官はツイッターに、「大統領はミサイルがまだ上空にあるうちに北朝鮮の状況について説明を受けた」と書き込み、トランプ大統領がミサイルの発射について報告を受けたと明らかにしました。


世界の起業家が参加 インドで国際会議開催

世界の起業家が集まる国際会議がインドで開催され、アメリカの代表団を率いたトランプ大統領の長女のイバンカ氏は「女性の起業は経済成長の大きなエネルギーになる」と述べて、女性の起業家が一層活躍する社会が必要だと訴えました。


ロシア新宇宙基地 ロケット打ち上げも軌道に乗らず

ロシア政府が極東地域に開発中の新しい宇宙基地から28日、2度目のロケットの打ち上げを行いましたが、搭載された人工衛星を軌道に乗せることができませんでした。


スー・チー氏訪中へ 中国への接近目立つ

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問が、30日、中国を訪問することになりました。少数派のロヒンギャの人たちの人権問題でミャンマーが国際社会の批判を浴びる中、ミャンマーへの経済進出も視野に人権問題には踏み込まない中国への接近が目立っています。


韓国統一相 北朝鮮のICBM 来年に完成宣言も

韓国のチョ・ミョンギュン(趙明均)統一相は、北朝鮮の核・ミサイルの開発のスピードは非常に速く、建国70年を迎える来年、核弾頭を搭載しアメリカ本土に到達するICBM=大陸間弾道ミサイルの完成を宣言する可能性があるとの見方を示しました。


ローマ法王ミャンマーで演説 ロヒンギャ問題言及せず

ミャンマーを訪れているローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が演説し、「ミャンマーの人々は長年にわたる紛争や敵対によって苦しみ続けている」と述べましたが、少数派のロヒンギャの人たちをめぐる問題には直接は言及しませんでした。


中国 寧波の2人死亡爆発 原因は違法爆発物の処理 男を拘束

26日、中国東部の浙江省で2人が死亡した爆発について、地元の警察は「違法に製造された爆発物を処理している際、不注意で起きたものだ」としたうえで、原因となった爆発物を製造した疑いで33歳の男を拘束したと発表しました。


安倍首相とルクセンブルク大公が会談 経済など関係強化で一致

安倍総理大臣は28日夜、国賓として日本を訪れているルクセンブルクのアンリ大公と会談し、両国が外交関係を樹立してことしで90年となることを踏まえ、経済や文化などさまざまな分野で関係をさらに強化することで一致しました。


ロシア 極東の新宇宙基地で2度目のロケット打ち上げ成功

ロシア政府が極東地域に開発中の新しい宇宙基地で28日、2度目のロケットの打ち上げに成功しました。2023年にはこの基地から有人宇宙船の打ち上げも計画していて、ロシアとしては宇宙大国としての存在感をアピールしたい考えです。


バリ島火山噴火 空港閉鎖で影響広がる

今月、54年ぶりに噴火したインドネシア・バリ島の火山は28日も活発な噴火活動が続き、バリ島の国際空港は29日の朝まで閉鎖されることになって、日本と結ぶ直行便など国際線と国内線合わせて440便余りが欠航するなど、大きな影響が出ています。


フェイスブック 人工知能活用し自殺防止の取り組みへ

世界最大の交流サイトを運営するアメリカのフェイスブックは、AI=人工知能を活用して自殺をほのめかす投稿を検知して、投稿した人に相談を受けるよう促す取り組みを全世界で始めると発表しました。


ネットで中国政府批判 台湾 民進党元職員に懲役5年判決

台湾の与党・民進党の元職員の男性が中国を訪れた際に拘束され、インターネット上で中国政府の批判を繰り返したなどとして、国家を転覆しようとした罪に問われた裁判で、中国の裁判所は28日、男性に懲役5年の有罪判決を言い渡しました。


モンゴル 日馬富士の処分問題に市民も高い関心

大相撲の横綱、日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行した問題で、27日の横綱審議委員会で日馬富士に対し、「厳しい処分が必要」という意見が多くを占めたことについて2人の母国、モンゴルのメディアは大きく報じ、市民の高い関心を集めています。


習主席による汚職摘発で元軍最高幹部が自殺

中国の習近平国家主席が軍の掌握と汚職摘発を進める中、国営の新華社通信は、先月の共産党大会を前に失脚し、汚職の疑いで取り調べを受けていた軍の最高幹部の1人が、取り調べ中に自殺したと伝えました。


大みそかにテロ計画の疑いで男逮捕 IS支持者か 豪州

オーストラリアの警察は、第2の都市メルボルンで、20歳の男が大みそかに銃を使ったテロを計画した疑いがあるとして逮捕し、過激派組織IS=イスラミックステートの支持者と見て、計画の詳細や詳しい動機など調べを進めています。


米の金融監督機関トップ人事 2人が法廷で争う異例の事態

アメリカで、前のオバマ政権の時に設立された金融監督機関の局長がみずからの側近を局長代行に指名しましたが、トランプ大統領が別の人物を指名し、2人が「自分こそ正当に指名された」と主張して法廷で争う異例の事態となっています。


英ハリー王子の婚約者マークルさん 詳細な経歴報道に落胆

イギリス王室のハリー王子の婚約発表で、相手のアメリカ人の女優、メーガン・マークルさんは、母親がアフリカ系のルーツを持つことなどを詳細に報じられたことについて「落胆させられた」と語り、世間の受け止め方に戸惑いがあったと心情を吐露しました。


バリ島 火山噴火活動続く 空の便欠航で大きな影響

今月54年ぶりに噴火したインドネシア・バリ島の火山は、28日も活発な噴火活動が続いていて、バリ島の国際空港が29日の朝まで閉鎖されることになって、バリ島と日本を結ぶ直行便が欠航するなど大きな影響が出ています。


FRB次期議長に指名のパウエル理事 今の路線引き継ぐ姿勢

アメリカの中央銀行に当たるFRB=連邦準備制度理事会の次の議長に指名されたパウエル理事は、当面の政策金利について、「いくぶん上昇する」と述べ、景気の拡大に合わせて金利を緩やかに引き上げる今のFRBの路線を引き継ぐ姿勢を示しました。


南極でマラソン大会 氷点下25度の中 全員完走

世界で最も南で開催されるマラソン大会としてギネス世界記録にも認定されている南極でのマラソン大会が行われ、ランナーたちが、氷点下25度の厳しい環境の中でのマラソンに挑戦しました。


イラク 首都郊外で銃乱射17人死亡 ISが犯行声明

イラクの首都、バグダッドの郊外で、武装した2人組が銃を乱射するなどして17人が死亡、28人がけがをし、過激派組織IS=イスラミックステートがみずからの犯行だと主張する声明を出しました。


シリア和平協議 アサド政権代表団の派遣めど立たず

シリアで続く内戦の終結に向けスイスのジュネーブで行われる予定の和平協議で、アサド政権が前日になっても代表団を派遣するめどが立たず予定どおりの開催は難しい情勢となっています。アサド政権としては、交渉を有利に進めるため反政府側への揺さぶりをかける狙いがあると見られます。


バリ島 火山噴火で国際空港の閉鎖期間延長

今月、54年ぶりに噴火した火山の影響で、27日から閉鎖されているインドネシア・バリ島の国際空港について、インドネシア政府は、閉鎖する期間を29日朝までさらに24時間延長することを決め、観光客などへの影響が長引くことが懸念されています。


NYダウ平均株価 年末商戦好調で最高値更新

27日のニューヨーク株式市場は、アメリカの年末商戦が好調なスタートをきったことなどから、買い注文が出て、ダウ平均株価は、取り引き時間中の最高値を更新しました。


ワシントン条約 日本にイワシクジラ捕鯨の実態調査要求へ

絶滅のおそれがある野生生物の保護をはかるワシントン条約の会議で、日本が北西太平洋で行っているイワシクジラの調査捕鯨について各国から商業目的ではないかという懸念が相次いで示され、日本に対し、実態を調べる専門の調査団の受け入れなどを求めていくことになりました。


婚約発表のハリー王子 出会いやプロポーズ語る

婚約を発表したイギリス王室のチャールズ皇太子の次男ハリー王子と、アメリカ人の女優メーガン・マークルさんがメディアのインタビューに答え、2人の出会いやプロポーズの様子などについて語りました。


ドイツ テロ警戒の中クリスマス・マーケット始まる

去年、クリスマス・マーケットにトラックが突っ込み12人が死亡するテロ事件があったドイツの首都ベルリンで、警備が強化される中、恒例のクリスマス・マーケットが始まりました。


スマトラ島で新種のオランウータン 撮影に成功

ヒトに近い大型の霊長類としてはおよそ90年ぶりにインドネシアのスマトラ島で見つかった新種のオランウータンの親子の撮影にNHKが成功しました。


中・東欧16か国 中国が大規模インフラ投資計画発表

ヨーロッパ中部と東部の16か国で、中国が、鉄道網の近代化など、大規模なインフラ投資を行う計画が発表され、中国が掲げる経済圏構想「一帯一路」を通して双方が協力関係を深める実態が鮮明になっています。


日本メーカーがタイで美容家電販売 シェア拡大へ

タイなど東南アジアの国々で、所得の向上に伴いドライヤーなどのいわゆる美容家電への関心が高まるなか、日本の大手電機メーカーが現地の市場向けに高出力のドライヤーの販売を始めシェア拡大につながるかどうか、注目されます。


ドイツ メルケル首相が大連立の可能性模索の方針

ドイツのメルケル首相は4期目に向けた政権づくりが難航する中、みずからが率いる中道右派の政党と、中道左派の政党との大連立政権の可能性を模索する方針を示しました。


香港で“地域ブランド”山形の日本酒売り込む商談会

国が各地の特産品を地域ブランドとして保護する「地理的表示保護制度」に登録された山形県の日本酒を売り込もうという商談会が、日本酒の輸入が急増している香港で開かれ、大勢の参加者でにぎわいました。


中国 習主席「トイレ革命」全土で推進を指示

中国の習近平国家主席は、農村部を中心に不衛生だとの指摘もあるトイレをきれいに整備する「トイレ革命」を中国全土で推進するよう指示を出し、国民生活の向上に取り組む姿勢をアピールする狙いもあると見られます。


パレスチナ ハマスと暫定自治政府の和解協議が難航

中東のパレスチナで、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスは、暫定自治政府側との和解協議で武装解除をめぐり協議が難航していることを初めて明らかにし、来月1日を期限とするハマスの行政権限の返還は遅れるのではないかという見方が広がっています。


ローマ法王 ミャンマー訪問 ロヒンギャ支援発言に注目

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王がミャンマーに到着し、少数派のロヒンギャの人たちの支援に向けてどのようなメッセージを発信するのか注目されています。


パキスタン 首都郊外のデモ 司法相辞任で収束の見通し

パキスタンの首都イスラマバードの郊外で、政府に対する抗議の座り込みをしていたデモ隊が警察などと衝突し、死者やけが人が出た事態をうけて、27日、司法相が辞任し、2週間以上にわたったデモは収束する見通しとなりました。


イギリス ハリー王子がアメリカ人女優と婚約

イギリス王室は、27日、チャールズ皇太子の次男のハリー王子が、アメリカ人の女優、メーガン・マークルさんと婚約したと発表しました。


バリ島の火山活発 再び最高レベルの警戒 10万人避難も

54年ぶりに噴火したインドネシア・バリ島の火山について、インドネシア政府は27日、今後、大規模な噴火が起きる可能性があるとして警戒レベルを最高に引き上げました。最大で10万人が避難を余儀なくされるおそれがあるということで、政府は厳重な警戒を呼びかけています。


韓国国防相 北朝鮮兵士亡命の軍事境界線を訪問

韓国のソン・ヨンム(宋永武)国防相は、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)で北朝鮮軍の兵士が亡命した事件から2週間となる27日、現場を初めて訪問し、北朝鮮側が朝鮮戦争の休戦協定に違反したと非難するとともに、厳重な警戒と監視を続けるよう指示しました。


米タイム社 3100億円余で大手メディアに売却

アメリカの雑誌「タイム」などを発行する大手出版のタイム社は、すべての株式を、同業の大手メディアに日本円にして3100億円余りで売却することで合意したと発表し、デジタル化への対応の遅れが業界再編につながっています。


女性への暴力撤廃を 世界各地でデモ行進

アメリカ・ハリウッドの大物プロデューサーなど、著名人が女性にセクハラを行っていた問題が波紋を広げる中、国連が毎年実施している「女性に対する暴力撤廃のキャンペーン」が始まり、世界各地でデモ行進などが行われています。


スペイン ナイトクラブで床が抜け落ち22人けが

スペイン領・カナリア諸島で、営業中だったナイトクラブの床が突然、抜け落ちる事故があり、店内にいた客などが地下に転落して少なくとも22人がけがをしました。


エジプト300人超死亡テロ事件 礼拝中のイスラム教徒標的に衝撃

エジプトでイスラム教の礼拝施設が襲撃され300人以上が死亡したテロ事件は、過激派組織IS=イスラミックステートの関連組織が引き起こした疑いが持たれており、礼拝中のイスラム教徒が標的とされたことに衝撃が広がっています。


イスラエルのインフラ事業  日本企業参入に向け覚書へ

日本と中東のイスラエルの両政府は、日本企業がアラブ諸国からの制裁を警戒してイスラエルとの取り引きに慎重な姿勢をとってきた状況を変えようと、イスラエルのインフラ事業に日本企業が参入できるよう覚書を交わす見通しになりました。


サウジアラビア皇太子 過激派対策でも主導権発揮の姿勢

国内で汚職の撲滅に向けて王族らの拘束に乗り出しているサウジアラビアのムハンマド皇太子は、イスラム諸国を集めた国際会議で、「テロがわれわれの安全を脅かし続けることは許さない」と述べ、過激派対策でもリーダシップを発揮していく姿勢を強調しました。


バリ島の火山噴火続く 空の便に影響 観光業に打撃も

先週、54年ぶりに噴火したインドネシアのバリ島の火山では、その後も噴火が続いていて、空の便にも影響が広がるなど、年末の観光シーズンを前に基幹産業である観光業が打撃を受けることも、懸念されています。


戻る ページトップに戻る
ポイント還元のシュミレーション
クレジットカードの仕組み
クレジットカードの便利さ
クレジットカードの分類
クレジットカードの国際ブランド
クレジットカードの支払い方法
クレジットカード申込み基準
クレジットカードの安全性
ポイントサービス
ロードサービス付帯
海外旅行保険付帯
預金・振込手数料
ネットショッピング
ポイントサービス充実のクレジットカード
現金でキャッシュバックされるクレジットカード
ポイント有効期限無しのクレジットカード
旅行保険の充実したクレジットカード
ロードサービスの充実したクレジットカード
学生の方に最適のクレジットカード
プロバイダ代が安くなるクレジットカード
携帯電話料金が安くなるクレジットカード
おサイフケータイに利用できるクレジットカード
ダイエーグループ各店で買い物する方、必携のクレジットカード
イオングループ各店で買い物する方、必携のクレジットカード
ガソリンが安くなるクレジットカード
ライフ MasterCard
オリコカード [UPty]
シティ クリアカード
イオン(グループ)カード
《セゾン》カード
《セゾン》フォービート
GE Zガンダムカード
JCB Arubara
UFJ VIASOカード
UFJアイムカード(学生用)
NICOS CAMPUSカード
NICOSカード 「Soo」
OMCJiyu!da!カード
りそなカード《セゾン》
DCカード Jizile[ジザイル]
My Sony Card(マイソニーカード)
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAアミティエカード
楽天カード
出光カード・まいどプラス
NTTグループカード
イーバンクカードニコス
最新ニュース一覧